「ほっ」と。キャンペーン
地図の上から人は見えない







事実











[PR]
# by kanon_suzu | 2011-07-21 22:11
地図の上から人は見えない 【それから参】





和歌山で震度5強

一部地域に強い揺れがあったようだが

特に知り合いもいねーし

震度の割に規模も大きくないようだ

と、ホッとしたあたりで電話が鳴った



いたいた

和歌山に知り合い

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

旦那の実家に引っ越した友人が和歌山だった

震度5弱の地域だったらしく

それでもそんなに被害もなく

ならば、震度6強なんてとんでもねーな!

と、あらためて心配してくれた

おそっ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

その数日後

三陸沖で震度4

いくら4は被害がほとんどないとはいえ

地震慣れしてくると

震度がどうこうじゃないことがわかってくる

和歌山は5強でM5 こっちは4でM7

揺れは長いし余震も多い

なんだったら津波注意報デタ━(゚∀゚ )━!!

しかもその時間

旦那

大船渡にいたよ?

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

知り合いが本震で怪我して、いまだ入院中なんだが

その人の両親が仮設住宅に入るってんで

手伝いに行っていた

ボランティアも少なくなってるし

個人に手伝ってくれる人はさらに少ない

旦那は本震後、土日も休まずあっちこっち体使って頑張ってるわ

懐温まる行動じゃねーが

どっかの誰かが心救われたらそれで(゚з゚)イインデネーノ?

で、ここまでキタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

あの地獄絵図を目の当たりにして

それでも生きるために前に進もうと頑張ってる人がたくさんいる

本当に

今振り返ると

きつかったな

自分はこんなんだから

あんな状況でも苦労したと思ってない

でも本当に悲惨だった

壮絶すぎた

震災後ラジオしか情報源がなく

11日深夜

荒浜に200人の遺体が流れ着いた

って聞こえてきた時には

小野は意識飛ばしてた

ここから海を目指して10㎞直線引くと荒浜だ

現実とは思えない

受け入れがたい速報ばかり

旦那は震災翌日、電池や水、握り飯なんかを抱えて顧客の安否確認にまわり

津波被害や家屋倒壊で近づけない地域で

家族を目の前で失い、悲観して身を投げようとしている老人を保護したそうだ

何もしてあげられず、長い時間一緒に泣いたらしい

そして近くを通りかかった消防団の人に託したそうだ

オレは友人を亡くした

数年前に結婚し、去年待望の第一子に恵まれたばかりだった

彼女の遺体は震災から3日後に見つかったが

上半身しかなかったそうだ

実家も流され

彼女が生活していた地域も壊滅的だった

先日ようやく親御さんの避難先を知ることができて

大学の卒業アルバムを渡してきた

写真がほとんど残ってないと言い

喜んでくれたが

かける言葉が出てこなかった


元同僚は実家が釜石で

震災直後は自分のことで精いっぱいだったらしく

オレが秋田に行っている間

二日ほどここに寝泊まりしたらしい



チャリをくくってくれた友人だ

釜石は津波と火災に挟まれ

動画もたくさん出回っているが

恐怖しか感じない有様だった

友人も

「ダメかもな」

と言っていた

秋田から戻り

チャリのお礼を言おうと連絡したとき

「まだ親が見つかってない

 避難所全部まわったし

 手当たり次第声かけまくって探してるんだけど

 どうしても遺体安置所には行けないんだ」

と言う

生きていると信じたい

その一心だ

数日後

「遺体安置所の名簿を検索した

 でも名前がどこにもない

 受け入れられないかもしれないが

 もしもう生きてないんだったら

 身元不明で寝かせられてるより

 ちゃんと葬式してあげたい」

そう連絡があった

「こんなこと頼むのもどうなのって話なんだけど

 一人じゃとても無理だと思う

 一緒に来てくれないかな」

津波被害に遭った遺体は損傷が激しい

耐性があるなしじゃなく

オレは死体に対して

気持ちが悪いとは思わない

人はどんな形をしてても

生きてても死んでても人だ

尊い存在には変わりない

「わかった、行こう」

想像以上の現実がそこにはあった

安置所の前には

泣き崩れる人や呆然と佇む人、耐えらえず嘔吐する人がたくさんいた

友人は震えが止まらず

外のベンチに座ったまま動けなくなった

彼女の両親には何度か会ったことがある

オレ一人で行こうか?

そう聞くと

「・・・頑張る」

涙をぬぐって歩き出した

茶色というか

黒ずんでいるというか

とにかくすごかった

シートにくるまれ

顔だけ出した状態で

たくさんの遺体が並んでいた

一人ひとりに手を合わせながら進んでいく

彼女の両親はそこにはいなかった

各所まわったが

見つからなかった

日が経つにつれ

遺体の身元判別は難しくなる

今度は遺体の顔写真を貼り出して確認してもらう手段をとっていた

そして先日

釜石で合同慰霊祭が行われた

「区切りをつけるためにも行ってくるよ」

そう連絡あった

旦那が車を出してくれて、一緒に参加した

小さな子供のように、まわりを気にせず泣いていた

今までどれだけ不安で、どれだけ苦しかったか

一つの区切りにしかならず

自分の親が

突然行方が分からなくなり

突然の別れを覚悟しなければならなかった友人の気持ちが

測り知れなかった


小野は震災直後から

知り合い全員に連絡し続けていた

auはなかなか繋がらず

それでもメールを飛ばしては

返事が来ると、自分の状況を伝えていた

秋田に着いてからも

親と会えてホッとしたのも束の間

とにかく携帯ばかりいじっていた

「遠藤と連絡がつかない・・・」

何度かその言葉を口にし

「何かあったのかな

 あいつ、石巻に家建てたばかりで

 下の子はまだ幼稚園なんだよ」

と不安げに言う

遠藤さんは小野の離婚した旦那と小野と同じ会社の同僚だった人で

子供たちとの時間や生活のゆとりがほしいと言い

給料は下がっても家庭を大事にしたいと会社を辞めた人だった

心配だな

そう思ってはいたが

小野がまたメールを打っていたので

キレた

相手の気持ちにもなれ

何かあったから連絡してこれねーんじゃねーのか?

あんなことがあって

無事でいられたうちらはいいよ

メールでも着信でもあれば

遠藤さんにはあんたが無事だってことがわかるさ

それでも返事できないってのはそういう事情があるんだろ?

実際、最悪な状況だったら

それで今のあんたに何ができんの?

関わりある人たちに端から端まで連絡してたら

いつかはぶち当たるんだよ

そういう覚悟あっての行動か?

無事ですって返事ばかりじゃねーんだぞ!

自己満足ならもうやめとけ

溜りに溜まって言ってしまった

「・・・だな」

そう一言つぶやいて携帯を置いた

数日後、小野が一人で泣いていた

「遠藤からメールきた

 やつは無事だったが

 やっぱりあんたの言うとおりだった

 ずっと奥さんと子供たちを探してて

 返事できなかったみたい

 返事しなくて申し訳ないって謝ってたわ

 そんな風に思わせて、私やっぱり自己満足でやってたかもしれない」

かなり凹んでいた

遠藤さんは奥さんとお子さんたちを探し続け

遺体安置所で見つけたそうだ

下の子の幼稚園に

奥さんが上の子を車に乗せて迎えに行き

車ごと津波に流された

子供たちが名札をしていたため

名簿から居場所がわかったらしい

結果が出てしまった

だから小野にメールを返したそうだ

「俺、一人になっちゃったよ」

最後にそう一言添えられていた


ほんの数時間前

ほんの数日前

ほんの数か月前

何度も何度も平和が当たり前だった頃を振り返る

誰のことも恨めず憎めず

自分を納得させることができず

それでも生きていかなければならない


みんな頑張れ


遠藤さんは今うちの会社にいる

小野の話を聞いた社長が声をかけたらしい

オレにとっては有難い存在だ

だって

遠藤さん

読める字を書いてくれるからな!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは


震災後、会社は発電機をフル稼働させ

「携帯の充電できます!

 気軽にお立ち寄りください」

外にでっかい貼り紙をしていた

先月くらいから

「その節は助かりました」

そう言って(`Д´*)シラネーおばちゃんやおっちゃんが

お菓子や飲料水を置いていく

「旦那さんがガソリン分けてくれたおかげだから」

と、ビールを2ケースいただいた

お互い様に制限も規定もネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

一度の人生

いつ何が起きるかわからない

いつどんなことに巻き込まれるかわからない

だからさっぱりざっくり生きよう

娘たちが

父の日に

「ととがお父さんでよかった!」

そんな手紙を旦那にくれたらしい

大震災に遭い

旦那の活躍が誇らしかったようだ

オレもそう思ってるよ

だから






貴様の嫁でよかったーー!






そう叫んだら


朝からうるせー!!!!


怒られた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

チェ


|彡サッ


















[PR]
# by kanon_suzu | 2011-07-17 05:31
地図の上から人は見えない 【番外編】




こんな見た目にこんな性格だからか

人生振り返れば、けっこう波乱に満ちているはずなのに

逞しく見えるらしい

実際オレ自信

苦労だと思った記憶が

ほとんどネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

でもこの震災は自分だけの問題じゃなく

それまで関わりのない他人

縁もゆかりもない他人

そういったたくさんの同胞と支え合って乗り越えなければいけない

ここ何年か

家族の問題を乗り切ってきたからな

( ゚-゚)トオイメ...



PICOが閉鎖し、地味に活動していた中

毎年大きな問題がド━(゚Д゚)━ ン !!!と圧し掛かっていた

気がする(*ノノ)キャ

過ぎてしまえばというか

直面中も問題の大きさに反して特に悩むことはなかった

一昨年

うちのかーちゃんが入院した

お盆に帰省して、いつも通り孫と戯れ

いつも通りアホ満載なかーちゃんに癒され

仙台に戻った次の月

「足の付け根にミニトマトくらいの何かできた」

と電話がきた

調べてみると

鼠径ヘルニアっぽい

年を取ると組織が弱るし

そういう人が多いと聞く

手術して(*´Д`)スキーリすればいいじゃない

と、すぐ医者に行くよう言う

実際医者からも脱腸っぽいね

と言われ、命に関わるものでないということで一安心する



その組織を調べた結果

( ゚д゚)ンマッ!違うんじゃね?

ってことになり

一応で

一応だよ?

ってことで

CTを撮る

( ゚ロ゚ノノ゙☆ハイハイハイハイ

まさかの
























癌です
























あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

( ゚д゚)ハッ!

笑ってる場合じゃないんだろうが

なんだろうなー

癌でもいろいろあるし

早期だったら問題ない場合もあるが

それがどっこい

治癒不可能な

悪性リンパ腫

だもんなー

血液の癌だぞ?

まー

ど━━━(゚ロ゚;)━━んま━━━(゚ロ゚;)━━い

あのクソ恐ろしいおやじも声つまらせて電話してくるし

弟たちは直接聞けずにオレにばかり連絡してくるし

親戚が異常に仲がいいため

従姉妹たちも分刻みで連絡してくる

(゚Д゚)ウゼェェェ

鬱陶しいので一斉送信


あの人は大丈夫


根拠はないがそう言い切れた

人を傷つけたり、ずるい考えや悪さをしたり

そんな人生を送ってきた人じゃない

だから

今死ぬようなことは100%ない

笑ってそう答えられた

実際、種類や抗がん剤の効き目によっては

生存率の高い癌なのは知っていた

一番鬱陶しかったのは当の本人なんだが

MRIって(゚Д゚≡゚Д゚)ナニナニ?

暗いの(*´・д・)イヤァァァァァァ

不安になるとする電話してくる

その都度画像作って説明加えて送ったり

抗がん剤治療の副作用に関しても

その人の体調や薬の種類で違うから

調べて文書にして

何十枚とFAXした

知らないことや経験のないことに対して不安になるのはもちろんだが



という日本の場合2人に1人は癌で死ぬという余計な無駄知識に振り回されていた

だから現実として受け入れるためにも

先に知っておけば後で楽になれるはずだと

いろいろ送った

でも母の元には行かなかった

子供たちが顔を見せれば、弱気になる

そんな人だから

一番の心配はかーちゃんを失うかもしれない不安と戦っているとーちゃんだ

どんなに普段、鬼軍曹なとーちゃんでも

人としていろいろ欠けてるかーちゃんを愛している

とーちゃんなりに大事にしていた

だから帰らなかった

わざと

「家の事も不便になるから、そっち行くわよ」

と言えば

「本家もあるし、飯はスーパーでなんとでもなる。

 かーちゃんは病院で面倒見てもらえるんだし

 何の問題もねーがら

 わざわざ来る必要ない」

そう言う

まー天邪鬼だ

PET-CTの結果

けっこう身体に散らばっている

入院初期は検査検査で

不安だけが募っていた

聞いてもわからない単語ばかり

従姉妹の看護士が母を見舞い

わかりやすい言葉でかーちゃんやとーちゃんに説明してくれていた

「帰ってあげたほうがいいんじゃない?」

と言われたが

死ぬわけないから甘やかさない!

と、ここにもとーちゃん譲りの強情な長女

( ̄‥ ̄)=3 フン

旦那は一度だけだな

「帰った方が・・・。」

やだね

それっきり何も言わない

ありがたい旦那だ

いよいよの時はわかってる

だから今は帰らない

そう決めていた

ある程度、進行具合やステージがはっきりし

治療の方向性も決まり

抗がん剤の種類も落ち着いた

やっとここまでたどり着いたか

って思えば、もう入院して3ヶ月経っていた

二日に一度に電話

メールは毎日

決してこっちから質問はせず

かーちゃんの気分に合わせて付き合った

「あなたの心配は微塵もしてないのよ」

と言うと、大爆笑で

「えーーーーーーーーーーーーー!」

と、子供のようなリアクションをとる

「心配なのはとーちゃんだ!あれを一人にされたら困る

 だから早く退院してくれ」

と言えば

「そうよねー

 んじゃ、頑張るわ( ´艸`)」

そんなやりとりだった

娘が何を見たのか

「千羽鶴作る!」

と言い出し

折り紙を買ってきた

千羽って

千枚折るんだぞ

と言っても

「やる!」

と言って暇さえあれば鶴を折ってた

わかった

応援するよ

と、千枚以上の折り紙を買って用意した

三日後

いっこうに鶴が増えない

おい

もう

飽きたの?

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

(ノд- )はあ・・・

「鶴ってどう折るんだっけ?」

旦那

一生懸命鶴を折る

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

しょーがねーな!!!!!!もう!!!!!!!

夫婦で鶴を折り

旦那が釣りの仕掛けをほぐして

鶴を仕分けしながら飾りつけをした

折る専門に徹したオレは

指紋がどっかいっちゃった?

ってくらい指先がてかてかになった

正月

かーちゃんの一時帰宅が許可された

仙台から病院にまっすぐ向かい

途中で気づく

…(゚Д゚)…ぁ…

鶴忘れた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

あんなに一生懸命作ったのにーーーーーーー!!

うっかり(ノ´∀`*)



病室まで行くと

おい

おい

あの

軽くワイド仕様になったおばはんは誰だ!!!!!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

かーちゃん

入院中

見舞い客の差し入れ食いすぎて

太ってた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

100%薬の影響じゃネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

顔色よすぎるじゃねーか!!!

抗がん剤の影響ドコ━━━━━(゚∀゚ 三 ゚∀゚)━━━━━???

髪もふっさふさ

6人部屋でみな同じような病状のご婦人たち

買っていったお菓子を

「おばーちゃんがお世話になってます」

と娘がみんなに配ると

なんだろう

かーちゃんってば

人気者なのか

ご婦人方がうちの娘たちにお年玉をくれた

半身不随のばーちゃんのために介護資格をとったかーちゃん

病室で暇だったのか

他の年寄りの面倒を看てたらしい

元々美容師だから

人の話を聞くのも上手いし

病室では重宝されたんだろう

みんなの様子を見てるとよくわかった

風邪が命取り

そんな身体になってしまったかーちゃん

厚着してダルマのようになり

車に乗って実家を目指す

とーちゃん

はしゃいでるのが

バレバレです

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

頼むから

じっとしててくれ!!!!!!!!!

かーちゃんにビールを注ぐなーーーーーーーーーー!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

治ったわけじゃないのはわかってても

我慢できずに

顔を見に来る近所のおばちゃんたちが後を絶たず

殺す気かーーーーーーーーー!

と、冗談で追い返すオレ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

幸せなかーちゃんだな

めんどくせーから

結果から言うと

医者に

「おめでとうございます!」

と、言われ

半年以上の入院を頑張った結果

寛解の称号を得て退院した

今後は転移という恐怖と同居しつつ

5年生存を一つの目標にして長生きする

( ´ー`)フゥー

GWにまたみんな帰省し退院祝いをした

周りはとりあえず安心したし

かーちゃんは精神的に強くなった

「根拠ないけど大丈夫!が現実になったな。さすが!」

と、弟たちに言われたが

オレがそう言わないと貴様らパニックだったろうが( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!

と思いつつ

半笑いしといた

浮かれる弟たちを見て

かーちゃんがいつも通り家にいる風景をありがたく思った

旦那がオレの頭をヽ(゚∀゚ )ポンポンってした

「頑張ったな」

って

癌告知から

はじめて泣いた

直接何かをしてやったことはほとんどねーが

頑張ったかーちゃんや、支えてくれた親戚や

一人で留守をしたとーちゃんを誇りに思った

いい家族だ

心からそう思った

治ったわけじゃねーんで

手放しで喜ぶわけにはいかないが

それでも病気をきっかけに

関わった人たちもみんな

人生に励みができたはず

CTやらMRIを不安がるかーちゃんに言ったんだ

「還暦祝いじゃねーの?」

って

年相応に嫌でも病気はするんだし

病院と付き合うきっかけがあれば長生きに繋がる

定期検査も通院も死ぬまで続くんだし

これから何があっても

早期発見は確実だから

いいことなのよ

そう思った

「なんか難しいけど、いいことに思えてきたニヤ(・∀・)ニヤ」

単純な母で(●´Д`●)ヨカッタ…

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ホッとした


のは、数ヶ月のみ



去年の秋

今度は

旦那のかーちゃんが

まさかの






























失踪


























こっちは笑えネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

ヽ(`Д´)ノウアァァァァァァン




[PR]
# by kanon_suzu | 2011-06-26 23:19
地図の上から人は見えない 【それから弐】





被災して何日経ったろう

秋田に到着し

風呂





特に生の野菜

は、( ;∀;) カンドーシタ

かーちゃんときこりは

孫増えた(´▽`)

って言いながら、いろいろ手を焼いてくれた

ありがたい

本当に、ありがたい

子供たちなんて

そりゃ他の子たちよりきっといい生活してたよ

食い物にも明かりや温もりにも

飢えることはなかったんだしな

近所に寮があって

留学生がたくさんいた

子供たちが仲がいいもんで

おばちゃん炊き出しまではいかないが

毎日カレー作ってふるまった



a0007466_8532282.jpg





でもやっぱり震災前とはまったく違った生活してたんだから

そりゃそうだ

全員

唇が乾燥して切れてたり

髪の毛が抜けやすくなってたり

散々だった

栄養不足だ

小野の子供たちは好き嫌いが激しい

普段から決まったものしか食べず

たとえば長男5歳は

マグロ イクラ ふりかけ 納豆 ミートボール 糸コンニャク

これ以外は見向きもしない

硬いものは食べない

子供たちが学童がわりにうちに来るようになり

小野が仕事で遅い日はご飯も一緒に食べていた

うちの夕飯は野菜中心だ

「かかーふりかけないの?」

オレ 5歳児を睨む

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

あるもの食え

他のはない

と、言うと

「えーーーーー!えーーーーーー!俺食べるのないから死んじゃうじゃん!」

漫画のように床を転がり

足をバタつかせる

怒られたくない小野の娘はとりあえず箸をつける

来はじめた頃なんて

自分の思い通りにいかないと

泣くわ暴れるわ 

かなり我侭なクソガキだった

でも残念でした

オレは甘くない

ニヤ(・∀・)ニヤ

大声出せば大人が諦めてくれると思ってるんだろ

そーーーーーーーーは、いかネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

根気よく相手して少しずつ褒めるとこ見つけて

しょせん子度

ノリで食べだすのをひたすら待つ

その繰り返しだった

ただもう今じゃうちの子と同等だ

夕飯におかずがたくさん用意されているにもかかわらず

ふりかけかけたら

ビンタ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

他人の息子を平気で殴るオレ

旦那なんてさらに鬼だ

お風呂のおもちゃの順番が守れず

ねーちゃんを洗面器で叩き

泣き声にビックリして様子見に行ったら

「○○ちゃん(うちの次女)が叩いてたよ!」

平気で嘘つきやがった

旦那登場

「お前のおねーちゃんは何で泣いてるの?」

「○○ちゃんがおもちゃ貸さなくて、ケンカしたの。○○ちゃん叩いたの」

「ふーん、じゃあみんなに聞いていいか?」

「やだ!聞かないで!」

「じゃあ、嘘なんだな?」

「嘘ついてないもん!」

裸のまま外に出される

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

何度も言うが、他人の子だ

ちなみに小野もいます

「あーまたやってる。ゴメンね!

 あ、旦那さん!きつーーーーーく ( ゚Д゚)<ヨロスィク!! 」

丸投げキタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

真夏だったからよかったものの

裸の5歳児とでかいおっさんが外で睨み合い

児童相談所に通報されんじゃねーか!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

実際、小野の子供たちはどちらも早生まれで身体が小さく

まわりは手を差し伸べたくなるんだろう

甘やかされて育った

離婚した旦那はしつけも何も無関心

騒いだらどっか連れて行き

騒いだら何か食べさせ

騒いだら何か買ってやる

よって、しつこく騒げば思い通りになる

と、思ってしまっている

うちと付き合い出してから

思い通りにさせてくれない大人がいることを知ってしまったヤツら

かわいそーに('ー') フフ

小野が叱っても言うことをきかない時は

「かか呼ぶよ!」

「ととに電話するよ!」

と言うと

「ごめんなさい!」

と、大人しくなるらしい

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

今度暴れたら、ナマハゲの格好で登場してやろうかしら!!!!

( ̄‥ ̄)=3 フン

ただ

どんなに鬼と化しても

手を出しても

かかー

ととー

って、懐いてくる

一応愛情として伝わってるらしい

よかった(´▽`) ホッ

世話上手なのはうちの長女で

案の定秋田でも好き嫌いを発揮した5歳児

ご飯を一口食べて遊んでいる

オレの視線を察知した長女

「ほら、ちゃんと食べよう

 あ、そうだ」

かーちゃんに何やら相談し

何か作って持ってきた

そしてご飯に刺した

「ご飯のお山に旗が立ちました!

 倒れないように食べられるかゲームだよ」

オオォォォ(゚ロ゚)(゚ロ゚)(゚ロ゚)ォォォオオ

単純王の5歳児

楽しげに飯を食う

合間合間にオレが野菜を口につっこむ

調子こいておかわりと言い出す

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

感謝だ娘 (TдT) アリガトウ

我侭でも基本的に人見知りをしない小野の子供たち

きこりとかーちゃんにくっついてまわり楽しそうだ

3月中旬だというのに

秋田は雪景色

きこりが毎日ソリ遊びに連れて行く



a0007466_8541951.jpg




旦那の従姉妹たちが子供のお古をたくさん持ってきてくれたので

防寒着にも困らなかった

みんなが子供たちの面倒を見てくれるので

家の片づけをした

田舎のでかい家にきこりとかーちゃん二人暮らし

使ってない部屋を片付ける

使わない物やいらない物もたくさんあるんだろうが

家が広いと置き場所が豊富だから捨てずにいる

軽トラで3回捨てに行った

秋田もガソリンが売ってない

そういえばSOS兄を迎えに行った旦那が

車が並んでるのを見つけ

ガソリンが手に入るんじゃないかと並んでみたものの

どこが先頭かまったくわからず

車を降り歩いてみたらしい

ようやくたどり着き店員に聞いたが

後10台くらいが限度です

と言われ

並ぶ車を数えながら戻ったそうだ

その数

380台

(>Д<)キャァァァァァァァァァ

(>Д<)キャァァァァァァァァァ

(>Д<)キャァァァァァァァァァ

こえーよ!震災!

揺れて終わりにしてくれよ!

きこりはやっぱり神だわ!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そして秋田

もちろん並んでいた

でもまだよかった

2時間並べば入れられた

2000円分だけどな

缶売りはしてくれないがとりあえず何度か挑戦して満タンになる

そんな状況でガソリンを運んでくれたきこり

田舎は兼業農家が多く、耕運機なんてそこらじゅうの家にある

なので20㍑缶ももちろんある

が、近所から借りて仙台まで来てくれた

物がないのでお礼しか言えなかったが

本当にきこりのご近所さんたちは

「よがったなー ほんと、無事でよがった」

と、入れ替わり立ち替わり

いろいろこさえておすそ分けに来てくれた

そんな中

小野は相変わらず一人悶々としていた

自分たちが秋田に来たのはいいが

両親がなかなか避難せず

危機感なく(=゚∀゚)ボーとしてるのが心配でたまらない小野

一日に何度も電話して説得するが

迷惑かけちゃうでしょう

と動こうとしない

一度若松の親戚のところに身を寄せたが

そこの親類たちも避難を考え

そうなると相馬の両親の行き場がなくなり

また自宅へ戻ったところだった

痴呆がはじまったばーちゃんを抱え

かろうじて電気だけが使えるって状況だが

今あるものがなくなった時のことや

原発がいよいよって時のことをあまり考えていない

まず親と子が顔をそろえない限り、お宅は何も進まないんじゃね?

そう言ってみた

そんな互いに親離れ子離れに程遠い小野家

結果的に避難する必要がなかったとしても

それはそれでいいんだし

今はまず合流したら(゚з゚)イインデネーノ?

また小野があーでもねーこーでもねーと父親に電話をしていた

「もう・・・ゴメン、かわってもらえる?」

お手上げらしい

「迷惑になるから」

「おばあちゃんいるから」

を、繰り返す小野父

じゃあ、言わせてもらうが

お宅の娘家族は他人の実家にいるよ?

こんな時だからこそだよ?

何人増えても大丈夫( ゚Д゚)ノ ダー!

「そうさせてもらえたら

 娘や孫に会えるしありがたいんだけど

 ご両親は大丈夫なの?」

あ、まだ聞いてない

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

電話の途中できこりに聞く

おとーーーさーーーん、小野の親も呼んでいい?

「おー来い来い!なーんも気にするごとねーがら!

 こんなからくり屋敷でいがったら、ゆっくりしてもらえ」

小野父にそのまんまを伝える

「んじゃ、お世話になります。ははは(*´ェ`*)」

ご機嫌だ(・∀・;)

6号線が死んでいるため

日本海経由で秋田を目指すことになった小野両親たち

総勢13人となったきこり屋敷

小野父到着の夜

賑わう食卓で

きこりがパヤパヤしている

( ゚д゚)ハッ!

しまった

おとーさん・・・小野父はね

お酒飲まないの( ̄- ̄゜ )

きこり

Σ( ̄□ ̄∥) 

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

いい飲み相手が来たと喜ぶきこり

撃沈

ど━━━(゚ロ゚;)━━んま━━━(゚ロ゚;)━━い

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そこへ

さっとグラスを出す小野母

見た目小柄でほわーっとしているが

大のビール好き

きこり⊂(・∀・)つセーフ!!

よかったな!!

座敷に飲まないチーム

ダイニングテーブルに

オレと旦那ときこりと小野母

あの地震が嘘のように思える光景だ

でもやっぱり他人ゆえ

慣れない土地に加え、気も使うだろう

居間を中心にして南側を小野家専用にした

去年の夏、オレと旦那で片付けて

仙台から運んだ事務机と応接家具をセッティングした部屋があり

きこりが天井と床を補修しクロスを綺麗に貼替した

普段はきこりの仕事部屋だ

って言えばかっこいいが

釣り道具のメンテナンスや、仕掛けを作ったりしている

その奥の広い和室を寝室にした

増築増築のからくり屋敷ゆえ、屋内でも孤立した棟がある

プライベート空間がないと息がつまるだろう

そう思っての、ささやかな配慮だった


とりあえずガソリンを手に入れ、仙台に戻る段取りを組む

秋田も品薄だ

乾燥食品や、缶詰、乳製品、乾麺カップラーメンなんか全滅

でもスーパーがやってるだけで感動もんだった

店が開いていて、店員がいて、物が買える

当たり前のことだが

仙台は違った

買えるものは限られていたが、それでも帰ったら何もないことを考えて

買えるだけ買う

電気は復旧したはずだから冷蔵庫が生きていればとりあえず何とかなる

状況確認のため、うちの隣のママに電話を入れた

「昨日、水出たわよ!」

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!
(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!
(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

電気と水キタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

ガスが問題だ

でもうちはプロパンだ

都市ガスは目途がつかないがプロパンなら早いはず

いつぐらいとかって情報ないかしら?

と聞くと

「え?他のガス屋は知らないけど

 うちのガスは止まってないよ?」

( ゚Д゚)ん?

止まってないって何?

「だから、地震の後も止まってないよ?点検クリアして直後から使えてるよ?

 昨日お風呂入れたから大丈夫よ(´ー`)」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

何だよ!

問題ねーじゃねーか!!

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

仙台にはオレと旦那と小野だけ戻ることにした

残ったみんなも、ただ家にいるのは暇だろうし

小野父に同伴して町に買い物に行き、道を覚えさせた

車でしばらく行けば大型電気店もある

きこりとかーちゃんには迷惑かけ放題だが

頼りになる大船だ

子供たちは春休みに入ったし、新学期の予定もまだわからないままだった

出発の日、最後の買出しに行く

生もの中心にティッシュやトイレットペーパーも

お一人様1個まで が、ほとんどだから

通って数を増やした

ホームセンターで各自必要なものを見ていた

突然肩を叩かれたかと思うと

小野が笑っている

「生理用品もいっぱい買おうと思って

 あればない人にあげてもいいしさ

 で、数少なかったからとりあえず抱えて歩いてたらさ

 あははははははははははははははははは

 あははははははははははははははははは」

なんだよ、こえーよ!

「大人用オムツだったわーーーーーーーーーーー!

 気づいてよかったーーーーーーーーーーーーー!

 あははははははははははははははははは」

一人で楽しそうだ(・∀・;)

腹いっぱい笑ったかと思うと

急に走り出す小野

子供同様、自由な女だ

ついていってみる

「お!

 見て見て!

 シングルレバー安くね?」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

何見つけてんだよ!!

「お!

 レバーハンドルも安くね?」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

速攻、会社に電話する小野

会社は震災翌日から稼動しているが

物流がストップしているのと、業者が動いていないため

在庫で何とかまかなうか、後は震災後の応急処置に追われていた

他に何か仕入れていくものないかと問えば

社長

「洗面化粧台( ゚Д゚)ホスィ…」

運べるか!( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!

即、却下

「ファブリーズ」

何に使うんですか(・∀・;)

「中川が香ばしくなってきた」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

風呂にも入れず、震災復旧に精を出す社員にふりかけるな!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

店の入り口におばちゃんたちが募金箱をぶらさげて立っていた

「ご協力お願いしまーーーーーす」

思わず、ポケットの小銭を全部入れた

「被災地の方を応援しましょうね!ありがとうございます!」

オレも被災者( ゚Д゚)ノ ダー!

と思いつつ、会釈する


味噌が手に入らない

という小野の友人のために

かーちゃんがいっぱい持たせてくれた

近所の農家のおっちゃんが

たまねぎをたくさん分けてくれた

なんかもうみんなが助けてくれた

携帯が過剰充電やら何やらで死に掛けていたから

機種変更した

ショップのねーちゃんが

宮城から来たことを聞いて泣いていた

どこかの土地がこうやって元気で逞しく平和に存在してくれれば

宮城もきっと頑張れる

そんな気がした


高速は岩手の途中からストップしていた

北上を通っていると開店中のスタンド発見

30分で満タンになった

夜になり9時を過ぎたあたりで仙台に到着

小野宅に寄り、荷物を降ろし解散

一つ心配があった

秋田にいて、宮城の人間と連絡を取るたびに

よからぬ動きをする輩がいっぱいいて大変だよ

って(・∀・;)

どろぼーさんがわんさかいる

ガソリンが買えないから

そこらじゅうの車からガソリンが抜かれ

そこらじゅうの自転車が盗まれ

ボランティアと称して入り込み金を集め

夜は不法侵入でドロボーし放題

どこの国の話だよ!!!!!

まーうちは盗られて困るものねーしな

( ゚д゚)ハッ!

チャリ

危険( ゚Д゚)ノ ダー!

普通にいつもどおり置いてきた

普通にだ

いつもどおり

鍵つけないで

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

普段は治安のいい地域ゆえ

何も考えてなかった

案の定ネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

子供のチャリまで一切ネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

( ̄- ̄゜ )

ガッカリしながら家に入る

久々の我が家だとはいえ

一気に疲れが襲ってくる

おそるおそるブレーカーをあげ

電気をつける

ついた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

当たり前だが

異常にうれしい

そして

水がでた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そして

お湯もでた

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

意味なくハイタッチするアホな夫婦

( ,,゚Д゚)ノハイ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

テーブルに紙が何枚も置いてあった

手紙ってか、メモ?

「ありがとう!」

って書いてた

秋田に出発するとき

急だったから会社にだけ置いてこれた米

他にも役に立つものがいろいろある

ただ置いておくのも意味がない

そう思って、会社からキーボックスを借り

うちの鍵を入れてぶらさげておいた

米でも電池でもガスボンベでも何でもかんでも使えるものは持って( ゚Д゚)イッテヨシ

そう知り合いに暗証番号をメールしておいた

けっこうな人数が出入りしたんだろう

そんな枚数だった

よかったよかった

何かしら役に立ったらしい

そしてその中の一枚に

「チャリに鍵かかってなかったから、あぶないと思って裏に並べてくくっておいたよ」

(艸゚Д゚)ェ!!?

見に行く

あった

チャリあった

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ありがとーーーーーーー!



秋田から運んできた食材を小分けしたり

いろいろやってたら2時になった

翌日から仕事だ

子供たちは秋田軍が面倒みてくれているので仕事に専念できる

しばらくの間、小野の車で出勤しよう

旦那はどうするんだろうな

会社は休眠状態が続くだろう

客の大半が行方不明だし

もう一つの仕事も

家がなければ意味のない仕事だ

倒壊・半壊・津波でド━(゚Д゚)━ ン !!!

まーゆっくりやれ

本人が健康で元気だ

なんとでもなるさ

オレの会社は安泰だから

何せ建築と不動産

微々たる給料でもなんとかやっていけるだろ

多摩すずや館長や秘書にみやびさん

ありがたく使わせてもらうわ

(*´・д・)アァ-

また揺れてる

震度4て

逃げるに値せず

被害もないのはわかりきってる

でも家を失って避難している人たちは不安だろうな

人間の限界なんて

けっこうあっという間なんだよ

お偉い人たち

地図ばっか見てないで

もっと近くで見てやれよ

そのために存在してんじゃねーの?

カポーン








[PR]
# by kanon_suzu | 2011-06-24 08:57
地図の上から人は見えない 【それから壱】


( ´ー`)フゥー

久々読んだが

相変わらず

自分のことしか考えないのな

大人のくせに大人になれてない

そんなくだらない女

どうでもいいことなんだが

一人で頑張れ

そうまで言うなら

本気で頑張れ

他人を傷つけていることに気づけ

自分の言動を正当化するな

オレはお前が嫌いだ

滅多に人を嫌わないけど

はっきり言える

お前のような人間を知ったことを後悔している

誰のせいでもなく苦労している人間はこっちにたくさんいるんだよ

自分を恥じてくれ

心優しい人たちのおかげで十分幸せだろ

その人たちの純粋な気持ちを無駄にしてる

成長なし

でも

また読むけどねー!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

な!すず!

ニヤ(・∀・)ニヤ




3月13日

部屋もなんとかかたづいた

・・・気がする

電子レンジの凹みは、とりあえず見なかったことにして(・∀・;)

他、家具家電は見た目生きている

ブレーカーは落としてあるが、復活の時は見えてこない

なぜかうちは震災後水が出ていた

それももうチョロチョロとしか出てくれない

そろそろやべーな

てんで風呂やバケツに貯めまくる

貯まる水を見て

「頭洗ってみよーかしら」

とつぶやく

よし

さっぱりしてやる!!

気合入れて

頭に水をかけてみる





あsじょdじゃdhふぇいpkw@pかfs:spkふぁ!!!!!!!!





声にならない

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

頭無くなったかと思ったーーーーーーーーーー!!!!!!!!

ついてた!よかった!

冷たいとかってもんじゃネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

死ぬ

間違いなく

死ぬ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

でもここでやめるわけにいかネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

意を決してシャンプーし

流す

うぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・ぉぉぉぉ・・・・・・

さっぱりしたとか何なのか

何かの罰ゲームかしら

と思うほど辛い

でもまー

さっぱり

(*´Д`)スキーリ

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

タオル巻いて一服してると旦那が来た

「!!!!!!!! ふーん

 コーヒー飲む?」

(・д´・)ノオォー

待ってると

コーヒー出てきた

しばらくすると

風呂が開く音がした

のぞく

ああああああああああああああああああああああ!!!

沸かしたお湯で頭を洗う旦那イタ━━m9(゚∀゚)9m━━!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

チキショー

そうきやがったか

嫁が死ぬ思いで頭洗ったっていうのに

コノヤロー

ほかほかですか

そうですか

今日も寒いですね

(´-Д-)エェ

独り言も寒い

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

この日から怒涛の避難生活がはじまるわけだが

もう今となってはいつどうなってどうやってたのかあまり記憶にない

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

時系列ぐちゃぐちゃだが

ご報告



相変わらずの飯配給と近所の子供たちの世話に明け暮れる

サイレンもヘリコプターの音もいちいちでかい余震も

慣れてくれば危機感なんてどっかいってしまう

旦那はいつしかハイパーレスキューと呼ばれ

あっちこっち出かけて行った

電気がないだけで

夜は星が気持ち悪いくらいキレイだ

食い物も米がまだ60kgある

味噌もしこたまある

ほんとそれだけで心強いんだから

普段どれだけ贅沢していたのか身に沁みる

先が見えてこない不安に

人同士の衝突も増えてくる

ストレスだ

何次災害まで突入するのか考えるだけで恐ろしい

多摩すずはまめにメールをくれた

軽口で返事はするがさすがに今回ばかりは双方気が気じゃない

毎日、とりあえずで凌いでいるだけだからな

旦那はたぶん仕事を失う

失うっていうよりこの状況で需要のある職種じゃねーからだ

電気が復活してくれねーとガソリン買えない

銀行が動いてくれないと金がないし先もない

すずが察して募金活動をはじめた

もちろん

かのん救援金

キタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

まじか!!!

誰だ!!!

奇特すぎるぞコノヤロー!!!

( ノ゚Д゚)ヨッ! 大株主THE館長

名前はあれだが

みんなPICO仲間からだ

秘書にみやびさん

(TдT) アリガトウ

あ、言っちゃった

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

もちろん多摩も

先が不安なのは東京もどこも一緒だろうに

会ったこともないのに

何してくれてんだよ

ヽ(`Д´)ノウアァァァァァァン

そんな時

旦那が失笑気味に帰ってきた

「兄が来た」

( ´д`)ホエ?

兄とは兄だよな

秋田の兄ですよね?

「うん、そうだ」

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

助っ人キタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

で、で、今どちら?

「それが、仙台にたどり着く前に・・・」

(゚∀゚;*)ドキドキ

「手前の古川でガス欠したらしく

 SOSキタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!! 」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

整理しよう

旦那の兄は実家のそばに家を構え

長距離ドライバーをしている

次女が仙台に進学し

あの震災当日が卒業式だった

娘と連絡が途絶え

心配で来たらしいが

秋田は電気も復旧し平和ボケのまま来やがったため

ガソリンくらいどこでも入れられると突っ走ってきたら

( ゚Д゚)アライヤダ!!

どこもやってネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

って、あたりまえだコノヤロー!!!!!

そして携帯も充電切れし

一晩うろついた後、NTTの巡回車つかまえ

無線を拝借して旦那に連絡してきましたとさ

(´・д・`)バカ?

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ガソリンねーのはこっちだ( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!

すっかすかの車でとりあえず向かう旦那

腹抱えて見送るオレ

夕方、小野宅の玄関に人影

д・`)アノォ・・こちら小野さんのお宅でしょうか?

はい

と見に行くと

( ゚Д゚)アライヤダ!!

社長婦人デタ━━━━゚(∀)゚━━━━!!!!!!

両手に袋ぶら下げ

「はい、救援物資」

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

お惣菜やらパンやらなぜか冷えたビール

ありがてーーーーーーー!!

「社長が毎日山形行って仕入れてくるから、少しだけど」

って、もうほんと( ;∀;) カンドーシタ

で、社長は?

NPOドコ━━━━━(゚∀゚ 三 ゚∀゚)━━━━━???

照れ屋の社長

下の駐車場で仁王立ち

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

上から全員で手を振る

婦人にコーヒーを出し

兄ネタを添える

婦人もなかなかどうしてツボが一緒で楽しい方ゆえ

のけぞりまくって帰って行った

夜になり兄到着

娘を保護し、奥さんと犬も一緒だった

「あーーーーーーーーめんぼくねー」

って言いながらどやどやと

小野宅はさらに賑やかになった

小野が言う

「離婚して別にそれまでと変わらない生活してたけど

 こういう時、男の人がいてくれるとそれだけでホッとする」

兄が恐縮しているので気を使ったんだろうが

「元旦那さんも心配してるでしょうね」

と言われ

「あーあいつはこういう時いてもむしろ無駄ですね」

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

実際

何度か電話をしてきて

小野の携帯はまったく仕事をせず

着信のお知らせのみをカウントしているため

うるせーから、無事だってことだけでも知らせとけ

と、オレの携帯でかけさせた

無事の確認はしたらしいが

他に何を話したのかといえば

「ガソリン入れられるとこ知ってる?」

って聞かれただけ

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

「かのん家族が一緒だし、もし困ってるならこっち来ていいよ」

と言うと

「あはは、こっちは会社からいろいろ配給されるし問題ないです」

ですって

呆れ顔で電話を切った小野

携帯にむかって

「だったら何か持ってきやがれ( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!」

叫ぶ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

同じ男でも、こういう状況でなお自分のことしか考えられない人って

(゚⊿゚)イラネ

この元旦那

ほんとに今いたとしてもむしろ邪魔でしかないのはオレでも知ってる

まず自分本位

でもって潔癖症

子供が騒ぐから出かけようって公園行くとしても

自分が好きな飛行機が見える空港公園だとか

自分の好きな車が並ぶ中古車屋だとか

でもって公園ならってんで弁当作るも

外で飯なんてありえない

といちいちファミレス

アウトドアの一欠けらも頭にない

そんなやつがいてくれたとしても

4人で小学校に避難して苦虫つぶした顔で配給オニギリ食ってただろう

宮城は地震がくる

そう言われ続け

ほんと小さいのから大きいのまで地震は多い

震度4なんて フーン って感じだ

小野が何かしら準備したほうがいいのでは?

と言っても

「は?そんな地震きたら生きてるわけねーべ。準備しとくだけ無駄だろ」

と、話にならず

「いや、あなたが死ぬ生きるの問題の前に

 生きて子供たちが困らないようにとか

 最低限置いとけるものとかって考えるものじゃないの?」

とりあえず、自分の意見を否定されると

キコエマセン(∩゚д゚)アーアー

で、やり過ごす

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

離婚してヨカターヨ・゜・(ノД`)・゜・

と、あらためて呟く小野

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

兄家族をうちに泊め

相変わらず小野家でワーキャー言いながら

夜は30代婦人会議で楽しく過ごす

BGMはラジオの原発情報

( ´△`)アァ-不安

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

どこの家庭も玄関開けっ放しで

いつでも逃げられるよう服を着たまま寝る

早朝、旦那に起こされた

( ゚д゚)ンマッ!まだ5時じゃん

「きこりが来る」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

兄の次はきこりて!!!!!!!!

説明しよう

旦那のとーちゃんだ

職業きこり

60で引退したが

若い子の指導役にと現場復帰したばかりの山のプロ

兄のとんちんかんぶりに

それまで疼いていた感情があふれ出し

よーーーーし、仙台行くぞーーーーーーー

ってんで向かっているらしい

何せ電気・ガス・水道のない山で平気で過ごせる達人ゆえ

こんなときこれほど頼りになる人間はいないだろう

でも仙台に来て何を?

と問えば

「とりあえず、ガソリン積んでくるらしい」

( ゚д゚)ハッ!

そりゃそうだ

兄は保護したが

ガソリンねーから秋田に帰れない

なるほど

で、いかほど?

「たぶんダメなことなんだろうけど、状況が状況だからって

 100ほど(・∀・;)」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

かっけー

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

20ℓ缶5個積んでいらっしゃるわけね!!

完璧レスキューデタ━━━━゚(∀)゚━━━━!!!!!!

秋田もガソリンはなかなか入れられないって聞いてたゆえ

どうやったのか

聞くのが恐ろしいが

とりあえず大爆笑で起床

小野が

「お宅だけでもお父さんと秋田行ったら?

 仙台いてもこの先わかんないし」

っていうので

じゃあ、貴様も来れば(゚з゚)イインデネーノ?



旦那も

「もし電気だけでも復旧したとして

 仕事ってなっても子供たち見てくれる人いねーんだから

 秋田に行って様子見てから仙台戻ればいいさ」



オレの親じゃねーし、オレの実家じゃねーが

きこりもきこりママも

オイデー (ノ´ー`)ノ

って言うのはわかってる

大丈夫だ

心配いらネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

そういうことで

はい、準備

きこりを待つ間

1週間分くらいの衣類を持ち

家の中を片付け

小野の妹あきちゃんなんて

出勤着のまま被災したもんだから

オレの防寒コートを貸す

リサイクルショップで買ったコートだが

これ一枚で真冬のチャリ通勤も問題なかった代物だ

子供たちは無意味に喜んでいる

小野の子供たちにしてみれば

秋田は元旦那の実家があって何度も行っているため

秋田って聞いただけでうれしそうだ

でもd(゚ё゚* )ネッ

おまえたちの帰省先は秋田市だったろう

今度行くのは秋田のド田舎( ゚Д゚)ノ ダー!

ジャスコなんてねーからな!!!!!!!!!

って言うと

( ̄д ̄) エー

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

小野は

「子供たちは学校や幼稚園で先生に守られてたし

 被災後もお宅のおかげで何不自由なくやってこれたから

 ある意味、悲惨な体験しなくてよかったのかなー」

って言うので

いや

少しは体感して甘えを排除してやった方がいいんじゃねーのか!!!!

と思うオレ

ガソリン積んで到着したきこり

神キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!

と騒ぐ兄

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ほんとだ

神々しさが半端ない

はじめまして○┓ペコ



よろしくお願いします○┓ペコ

挨拶を交わす小野ときこりママ

コポコポと給油し

兄の車を目指す

途中、会社に寄り

ガソリンと米30kg置いていく

船を見送る女子供たち

のように、両手振って見送る婦人

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

古川で兄の車に給油

いざ出発

信号機は死んでるし

陥没に盛り上がりに道が道として機能していないため

5時間かけて秋田に到着

かーちゃんも疲れているだろうに

風呂を沸かしてくれた

いつぶりだ?

風呂だよ風呂!!!!!!!

ヒャッホー

思わず漫画のような声が出る

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

いやー先にごっつぁんです○┓ペコ

さっぱりして居間に行くと

来たままの格好で動けずにいる小野姉妹

50型のでかい画面で

今回の悪夢を目の当たりにし

固まっている

そういやはじめてだった

しっかり目で見たのは

これがはじめてだ

携帯や車で何度かニュースは見たが

やっぱり凄まじい

生かしてもらった自分たちに

今日から何ができるのか

何をするべきか

きっと小野姉妹はそこまでたどり着かないほど衝撃を受け

両親のいる相馬をひたすら心配している

オレも同じだ

だから

「かーちゃん腹減ったー!」

とりあえず飯だな

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは


次回予告

避難生活総勢13人

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ


|彡サッ















[PR]
# by kanon_suzu | 2011-06-15 09:37