地図の上から人は見えない 【それから弐】





被災して何日経ったろう

秋田に到着し

風呂





特に生の野菜

は、( ;∀;) カンドーシタ

かーちゃんときこりは

孫増えた(´▽`)

って言いながら、いろいろ手を焼いてくれた

ありがたい

本当に、ありがたい

子供たちなんて

そりゃ他の子たちよりきっといい生活してたよ

食い物にも明かりや温もりにも

飢えることはなかったんだしな

近所に寮があって

留学生がたくさんいた

子供たちが仲がいいもんで

おばちゃん炊き出しまではいかないが

毎日カレー作ってふるまった



a0007466_8532282.jpg





でもやっぱり震災前とはまったく違った生活してたんだから

そりゃそうだ

全員

唇が乾燥して切れてたり

髪の毛が抜けやすくなってたり

散々だった

栄養不足だ

小野の子供たちは好き嫌いが激しい

普段から決まったものしか食べず

たとえば長男5歳は

マグロ イクラ ふりかけ 納豆 ミートボール 糸コンニャク

これ以外は見向きもしない

硬いものは食べない

子供たちが学童がわりにうちに来るようになり

小野が仕事で遅い日はご飯も一緒に食べていた

うちの夕飯は野菜中心だ

「かかーふりかけないの?」

オレ 5歳児を睨む

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

あるもの食え

他のはない

と、言うと

「えーーーーー!えーーーーーー!俺食べるのないから死んじゃうじゃん!」

漫画のように床を転がり

足をバタつかせる

怒られたくない小野の娘はとりあえず箸をつける

来はじめた頃なんて

自分の思い通りにいかないと

泣くわ暴れるわ 

かなり我侭なクソガキだった

でも残念でした

オレは甘くない

ニヤ(・∀・)ニヤ

大声出せば大人が諦めてくれると思ってるんだろ

そーーーーーーーーは、いかネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

根気よく相手して少しずつ褒めるとこ見つけて

しょせん子度

ノリで食べだすのをひたすら待つ

その繰り返しだった

ただもう今じゃうちの子と同等だ

夕飯におかずがたくさん用意されているにもかかわらず

ふりかけかけたら

ビンタ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

他人の息子を平気で殴るオレ

旦那なんてさらに鬼だ

お風呂のおもちゃの順番が守れず

ねーちゃんを洗面器で叩き

泣き声にビックリして様子見に行ったら

「○○ちゃん(うちの次女)が叩いてたよ!」

平気で嘘つきやがった

旦那登場

「お前のおねーちゃんは何で泣いてるの?」

「○○ちゃんがおもちゃ貸さなくて、ケンカしたの。○○ちゃん叩いたの」

「ふーん、じゃあみんなに聞いていいか?」

「やだ!聞かないで!」

「じゃあ、嘘なんだな?」

「嘘ついてないもん!」

裸のまま外に出される

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

何度も言うが、他人の子だ

ちなみに小野もいます

「あーまたやってる。ゴメンね!

 あ、旦那さん!きつーーーーーく ( ゚Д゚)<ヨロスィク!! 」

丸投げキタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

真夏だったからよかったものの

裸の5歳児とでかいおっさんが外で睨み合い

児童相談所に通報されんじゃねーか!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

実際、小野の子供たちはどちらも早生まれで身体が小さく

まわりは手を差し伸べたくなるんだろう

甘やかされて育った

離婚した旦那はしつけも何も無関心

騒いだらどっか連れて行き

騒いだら何か食べさせ

騒いだら何か買ってやる

よって、しつこく騒げば思い通りになる

と、思ってしまっている

うちと付き合い出してから

思い通りにさせてくれない大人がいることを知ってしまったヤツら

かわいそーに('ー') フフ

小野が叱っても言うことをきかない時は

「かか呼ぶよ!」

「ととに電話するよ!」

と言うと

「ごめんなさい!」

と、大人しくなるらしい

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

今度暴れたら、ナマハゲの格好で登場してやろうかしら!!!!

( ̄‥ ̄)=3 フン

ただ

どんなに鬼と化しても

手を出しても

かかー

ととー

って、懐いてくる

一応愛情として伝わってるらしい

よかった(´▽`) ホッ

世話上手なのはうちの長女で

案の定秋田でも好き嫌いを発揮した5歳児

ご飯を一口食べて遊んでいる

オレの視線を察知した長女

「ほら、ちゃんと食べよう

 あ、そうだ」

かーちゃんに何やら相談し

何か作って持ってきた

そしてご飯に刺した

「ご飯のお山に旗が立ちました!

 倒れないように食べられるかゲームだよ」

オオォォォ(゚ロ゚)(゚ロ゚)(゚ロ゚)ォォォオオ

単純王の5歳児

楽しげに飯を食う

合間合間にオレが野菜を口につっこむ

調子こいておかわりと言い出す

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

感謝だ娘 (TдT) アリガトウ

我侭でも基本的に人見知りをしない小野の子供たち

きこりとかーちゃんにくっついてまわり楽しそうだ

3月中旬だというのに

秋田は雪景色

きこりが毎日ソリ遊びに連れて行く



a0007466_8541951.jpg




旦那の従姉妹たちが子供のお古をたくさん持ってきてくれたので

防寒着にも困らなかった

みんなが子供たちの面倒を見てくれるので

家の片づけをした

田舎のでかい家にきこりとかーちゃん二人暮らし

使ってない部屋を片付ける

使わない物やいらない物もたくさんあるんだろうが

家が広いと置き場所が豊富だから捨てずにいる

軽トラで3回捨てに行った

秋田もガソリンが売ってない

そういえばSOS兄を迎えに行った旦那が

車が並んでるのを見つけ

ガソリンが手に入るんじゃないかと並んでみたものの

どこが先頭かまったくわからず

車を降り歩いてみたらしい

ようやくたどり着き店員に聞いたが

後10台くらいが限度です

と言われ

並ぶ車を数えながら戻ったそうだ

その数

380台

(>Д<)キャァァァァァァァァァ

(>Д<)キャァァァァァァァァァ

(>Д<)キャァァァァァァァァァ

こえーよ!震災!

揺れて終わりにしてくれよ!

きこりはやっぱり神だわ!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そして秋田

もちろん並んでいた

でもまだよかった

2時間並べば入れられた

2000円分だけどな

缶売りはしてくれないがとりあえず何度か挑戦して満タンになる

そんな状況でガソリンを運んでくれたきこり

田舎は兼業農家が多く、耕運機なんてそこらじゅうの家にある

なので20㍑缶ももちろんある

が、近所から借りて仙台まで来てくれた

物がないのでお礼しか言えなかったが

本当にきこりのご近所さんたちは

「よがったなー ほんと、無事でよがった」

と、入れ替わり立ち替わり

いろいろこさえておすそ分けに来てくれた

そんな中

小野は相変わらず一人悶々としていた

自分たちが秋田に来たのはいいが

両親がなかなか避難せず

危機感なく(=゚∀゚)ボーとしてるのが心配でたまらない小野

一日に何度も電話して説得するが

迷惑かけちゃうでしょう

と動こうとしない

一度若松の親戚のところに身を寄せたが

そこの親類たちも避難を考え

そうなると相馬の両親の行き場がなくなり

また自宅へ戻ったところだった

痴呆がはじまったばーちゃんを抱え

かろうじて電気だけが使えるって状況だが

今あるものがなくなった時のことや

原発がいよいよって時のことをあまり考えていない

まず親と子が顔をそろえない限り、お宅は何も進まないんじゃね?

そう言ってみた

そんな互いに親離れ子離れに程遠い小野家

結果的に避難する必要がなかったとしても

それはそれでいいんだし

今はまず合流したら(゚з゚)イインデネーノ?

また小野があーでもねーこーでもねーと父親に電話をしていた

「もう・・・ゴメン、かわってもらえる?」

お手上げらしい

「迷惑になるから」

「おばあちゃんいるから」

を、繰り返す小野父

じゃあ、言わせてもらうが

お宅の娘家族は他人の実家にいるよ?

こんな時だからこそだよ?

何人増えても大丈夫( ゚Д゚)ノ ダー!

「そうさせてもらえたら

 娘や孫に会えるしありがたいんだけど

 ご両親は大丈夫なの?」

あ、まだ聞いてない

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

電話の途中できこりに聞く

おとーーーさーーーん、小野の親も呼んでいい?

「おー来い来い!なーんも気にするごとねーがら!

 こんなからくり屋敷でいがったら、ゆっくりしてもらえ」

小野父にそのまんまを伝える

「んじゃ、お世話になります。ははは(*´ェ`*)」

ご機嫌だ(・∀・;)

6号線が死んでいるため

日本海経由で秋田を目指すことになった小野両親たち

総勢13人となったきこり屋敷

小野父到着の夜

賑わう食卓で

きこりがパヤパヤしている

( ゚д゚)ハッ!

しまった

おとーさん・・・小野父はね

お酒飲まないの( ̄- ̄゜ )

きこり

Σ( ̄□ ̄∥) 

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

いい飲み相手が来たと喜ぶきこり

撃沈

ど━━━(゚ロ゚;)━━んま━━━(゚ロ゚;)━━い

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そこへ

さっとグラスを出す小野母

見た目小柄でほわーっとしているが

大のビール好き

きこり⊂(・∀・)つセーフ!!

よかったな!!

座敷に飲まないチーム

ダイニングテーブルに

オレと旦那ときこりと小野母

あの地震が嘘のように思える光景だ

でもやっぱり他人ゆえ

慣れない土地に加え、気も使うだろう

居間を中心にして南側を小野家専用にした

去年の夏、オレと旦那で片付けて

仙台から運んだ事務机と応接家具をセッティングした部屋があり

きこりが天井と床を補修しクロスを綺麗に貼替した

普段はきこりの仕事部屋だ

って言えばかっこいいが

釣り道具のメンテナンスや、仕掛けを作ったりしている

その奥の広い和室を寝室にした

増築増築のからくり屋敷ゆえ、屋内でも孤立した棟がある

プライベート空間がないと息がつまるだろう

そう思っての、ささやかな配慮だった


とりあえずガソリンを手に入れ、仙台に戻る段取りを組む

秋田も品薄だ

乾燥食品や、缶詰、乳製品、乾麺カップラーメンなんか全滅

でもスーパーがやってるだけで感動もんだった

店が開いていて、店員がいて、物が買える

当たり前のことだが

仙台は違った

買えるものは限られていたが、それでも帰ったら何もないことを考えて

買えるだけ買う

電気は復旧したはずだから冷蔵庫が生きていればとりあえず何とかなる

状況確認のため、うちの隣のママに電話を入れた

「昨日、水出たわよ!」

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!
(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!
(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

電気と水キタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

ガスが問題だ

でもうちはプロパンだ

都市ガスは目途がつかないがプロパンなら早いはず

いつぐらいとかって情報ないかしら?

と聞くと

「え?他のガス屋は知らないけど

 うちのガスは止まってないよ?」

( ゚Д゚)ん?

止まってないって何?

「だから、地震の後も止まってないよ?点検クリアして直後から使えてるよ?

 昨日お風呂入れたから大丈夫よ(´ー`)」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

何だよ!

問題ねーじゃねーか!!

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

仙台にはオレと旦那と小野だけ戻ることにした

残ったみんなも、ただ家にいるのは暇だろうし

小野父に同伴して町に買い物に行き、道を覚えさせた

車でしばらく行けば大型電気店もある

きこりとかーちゃんには迷惑かけ放題だが

頼りになる大船だ

子供たちは春休みに入ったし、新学期の予定もまだわからないままだった

出発の日、最後の買出しに行く

生もの中心にティッシュやトイレットペーパーも

お一人様1個まで が、ほとんどだから

通って数を増やした

ホームセンターで各自必要なものを見ていた

突然肩を叩かれたかと思うと

小野が笑っている

「生理用品もいっぱい買おうと思って

 あればない人にあげてもいいしさ

 で、数少なかったからとりあえず抱えて歩いてたらさ

 あははははははははははははははははは

 あははははははははははははははははは」

なんだよ、こえーよ!

「大人用オムツだったわーーーーーーーーーーー!

 気づいてよかったーーーーーーーーーーーーー!

 あははははははははははははははははは」

一人で楽しそうだ(・∀・;)

腹いっぱい笑ったかと思うと

急に走り出す小野

子供同様、自由な女だ

ついていってみる

「お!

 見て見て!

 シングルレバー安くね?」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

何見つけてんだよ!!

「お!

 レバーハンドルも安くね?」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

速攻、会社に電話する小野

会社は震災翌日から稼動しているが

物流がストップしているのと、業者が動いていないため

在庫で何とかまかなうか、後は震災後の応急処置に追われていた

他に何か仕入れていくものないかと問えば

社長

「洗面化粧台( ゚Д゚)ホスィ…」

運べるか!( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!

即、却下

「ファブリーズ」

何に使うんですか(・∀・;)

「中川が香ばしくなってきた」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

風呂にも入れず、震災復旧に精を出す社員にふりかけるな!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

店の入り口におばちゃんたちが募金箱をぶらさげて立っていた

「ご協力お願いしまーーーーーす」

思わず、ポケットの小銭を全部入れた

「被災地の方を応援しましょうね!ありがとうございます!」

オレも被災者( ゚Д゚)ノ ダー!

と思いつつ、会釈する


味噌が手に入らない

という小野の友人のために

かーちゃんがいっぱい持たせてくれた

近所の農家のおっちゃんが

たまねぎをたくさん分けてくれた

なんかもうみんなが助けてくれた

携帯が過剰充電やら何やらで死に掛けていたから

機種変更した

ショップのねーちゃんが

宮城から来たことを聞いて泣いていた

どこかの土地がこうやって元気で逞しく平和に存在してくれれば

宮城もきっと頑張れる

そんな気がした


高速は岩手の途中からストップしていた

北上を通っていると開店中のスタンド発見

30分で満タンになった

夜になり9時を過ぎたあたりで仙台に到着

小野宅に寄り、荷物を降ろし解散

一つ心配があった

秋田にいて、宮城の人間と連絡を取るたびに

よからぬ動きをする輩がいっぱいいて大変だよ

って(・∀・;)

どろぼーさんがわんさかいる

ガソリンが買えないから

そこらじゅうの車からガソリンが抜かれ

そこらじゅうの自転車が盗まれ

ボランティアと称して入り込み金を集め

夜は不法侵入でドロボーし放題

どこの国の話だよ!!!!!

まーうちは盗られて困るものねーしな

( ゚д゚)ハッ!

チャリ

危険( ゚Д゚)ノ ダー!

普通にいつもどおり置いてきた

普通にだ

いつもどおり

鍵つけないで

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

普段は治安のいい地域ゆえ

何も考えてなかった

案の定ネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

子供のチャリまで一切ネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

( ̄- ̄゜ )

ガッカリしながら家に入る

久々の我が家だとはいえ

一気に疲れが襲ってくる

おそるおそるブレーカーをあげ

電気をつける

ついた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

当たり前だが

異常にうれしい

そして

水がでた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そして

お湯もでた

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

意味なくハイタッチするアホな夫婦

( ,,゚Д゚)ノハイ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

テーブルに紙が何枚も置いてあった

手紙ってか、メモ?

「ありがとう!」

って書いてた

秋田に出発するとき

急だったから会社にだけ置いてこれた米

他にも役に立つものがいろいろある

ただ置いておくのも意味がない

そう思って、会社からキーボックスを借り

うちの鍵を入れてぶらさげておいた

米でも電池でもガスボンベでも何でもかんでも使えるものは持って( ゚Д゚)イッテヨシ

そう知り合いに暗証番号をメールしておいた

けっこうな人数が出入りしたんだろう

そんな枚数だった

よかったよかった

何かしら役に立ったらしい

そしてその中の一枚に

「チャリに鍵かかってなかったから、あぶないと思って裏に並べてくくっておいたよ」

(艸゚Д゚)ェ!!?

見に行く

あった

チャリあった

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ありがとーーーーーーー!



秋田から運んできた食材を小分けしたり

いろいろやってたら2時になった

翌日から仕事だ

子供たちは秋田軍が面倒みてくれているので仕事に専念できる

しばらくの間、小野の車で出勤しよう

旦那はどうするんだろうな

会社は休眠状態が続くだろう

客の大半が行方不明だし

もう一つの仕事も

家がなければ意味のない仕事だ

倒壊・半壊・津波でド━(゚Д゚)━ ン !!!

まーゆっくりやれ

本人が健康で元気だ

なんとでもなるさ

オレの会社は安泰だから

何せ建築と不動産

微々たる給料でもなんとかやっていけるだろ

多摩すずや館長や秘書にみやびさん

ありがたく使わせてもらうわ

(*´・д・)アァ-

また揺れてる

震度4て

逃げるに値せず

被害もないのはわかりきってる

でも家を失って避難している人たちは不安だろうな

人間の限界なんて

けっこうあっという間なんだよ

お偉い人たち

地図ばっか見てないで

もっと近くで見てやれよ

そのために存在してんじゃねーの?

カポーン








[PR]
by kanon_suzu | 2011-06-24 08:57