地図の上から人は見えない 【3月12日】


夜中けたたましいあの音が何度かなり

怖かった






って、朝小野に聞かされた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

地震速報のアラーム

気づかないでΣ(゚д゚;)ネチャッタ!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

昨日のあれは

嘘かなー ほんとかなー

外を見る

サイレン鳴りまくり

( ´ー`)フゥー

現実らしい

身体が痛い

筋肉痛だ

近所の老人たちを避難所に誘導したりしてたんだが

めんどくさくなり、おぶって走り回ってたからな

(゚∀゚ )アハハ

この辺の地区は街に近いがまだまだ古い家屋と老所帯が多く

子供たちのイベントと統括して管理している

あ、また今年も地区長です○┓ペコ

どっこいしょって言いながらキッチンに行く

気づくと旦那が米を炊いてた

小野家の冷蔵庫物色し

大量のおにぎりと浅漬けをこさえてた

貴様すげーな!

と、すぐいただく

昨日の雪が嘘か?ってくらい天気がよかった

子供たちはもう平和そのもので

取った取られたのつまらない喧嘩をしている

4人並べてしこたま怒鳴った

遊びに行かせたいところだが、まだ余震がある

旦那の指示で

電池、カセットボンベ、水、食料なんかを

小野と一緒に買出しに行く

やはりどの店も閉まっている

ホームセンターの前に10人くらい列を作ってた

行ってみる?と車を停め並んでた人に聞いてみた

「なんか開けてくれるみたいですよ」

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

すげータイミングで来たな

よし並ぼう

30分ほど経つと10数人くらいだったのが

敷地の外まで人が溢れてた

品物が店の外に次々出され

待ってる間、ふと目に付いた自動販売機

「災害時に管理者権限で飲料を無料提供します」

と、頭にソーラーパネルのせていた

まったく解放された気配なし

災害時

昨日の地震は該当しねーってか!!

役にたたねーなおい!!

やっと開店の合図がきた

5人ずつ制限して買い物をさせてくれる

3番目に入場できた

店の中は昨日の地震でスプリンクラーが壊れ

奥は天井が落ちかけているらしい

手前にある商品で水被害の少ないものだけを提供してくれたようだ

自分たちの家も大変だろうに

店を開け、作業してくれる店員たち

ほんと(TдT) アリガトウ

値段が書いてない高級電池やアウトドアグッズ

必要なものだけカゴに入れると小野が奪おうとする

「金は気にするな」

って、何だよその男前っぷり!

「あんたん家がいなかったら、子供たちにご飯食べさせることも

暖をとることも、親と連絡とることもできなかったのよ。

だから買い物はこっちで払う」

いいヤツだ

素直に従う

カゴ二つ分品物を入れ会計する

停電しているから電卓で計算する店員さん

「12860円です」

へ?

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

すげーなおい!

小野

「あ、札入れ入ったカバン家に置いてきた(・∀・;)」

デタ━━━━゚(∀)゚━━━━!!!!!!

最強うっかり忘れ物王!

旦那の財布から支払う

車に戻る

数百人ほど並んでる様子で

視線が突き刺さる

でも偉いよ

昨日のコンビニでもそうだったが

この状況で

ちゃんと並ぶんだぞ?

日本人ってすげーよ

暴徒化しねーんだな

マンションに戻って

旦那が家の片付けに向かい

小野が妹探しに行くと言い出した

妹の会社は街中だ

子供たちとオレは留守番兼、飯炊き

全員には配れないが

子供の友達や知り合いにオニギリを配給し続けた

2時間後、今一番必要でないであろうタバコをしこたま抱えて帰ってきた

何それ?

って聞く

コンビニのおっちゃんが車にいっぱい食料なんかを詰め込んでたのを捉まえ

店開けてくれないかと尋ねたら

昨日でほとんど品物はなくなってタバコくらいしか残ってないよ

と言われたらしい

万々歳です!

ってぐちゃぐちゃの店内からつぶれたタバコたちを提供してもらったようだ

何よりうれしいお土産だった

妹さんのことを聞くと

会社はビルの12階らしいんだが

帰れない人たちが各フロアに詰め込まれてて

その中を割って入って

妹の名前を呼び続けたらしい

でも見つからなかった

小野にコーヒーを淹れ

オレの携帯でかけてみる

5,6回かけ続けたあたりで

「はい?」

デタ━━━━゚(∀)゚━━━━!!!!!!

「かなちゃん?かのんだけど」

「あーーーーーーーかのんさーーーん、ごぶさたしてます(・∀・)キャハ」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

能天気すぎるだろー!

すぐ小野に携帯渡す

怒号が(・∀・;)

「すぐこっち来い!歩いて来い!建物ちゃんと見て安全確認しながら歩け!

 わかったかーーーーーーーーーーーーー!( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ねーちゃんあんだけ心配したのに、てんで無事だった妹のかなちゃん

1時間くらいしてかなちゃん到着

聞くと

地震の瞬間、机の下に潜ったが

棚が倒れてきて塞がったらしい

たまたま一人だったゆえ見つけてもらえず

一晩机の下で震えてたと

ビルの管理会社の人が朝各フロアをまわり

助け出されたらしい

とりあえず外に出てお腹空いたが店は閉まってるし

途方に暮れてたら見知らぬおばちゃんが

「大丈夫?これ食べなさい」

ってパンくれたんだって

「おかーさん心配してるから、頑張っておうちに帰りなさいね」

って

かなちゃん

30歳過ぎてるよ?

何その扱い

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そんな目に遭ったかなちゃんの震災後の感想

「あーこわかった」

以上です○┓ペコ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

小野絶句

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

まーいいさ

無事で何よりだよ!

談笑していると、小野の友達が来た

「あーーーーーーーーーーなんで

 ごはんなんてあるのーーーーーー!お腹すいたーーーー!

 あ、こんにちは○┓ペコ」

飯の後に視界に入ったであろうオレに挨拶をしてくれた大場さん

社保事務所に勤める漁船管理のプロだ

津波被害でほぼ全滅だろうと舟と漁師の心配をする大場さん

なぜか髪の毛にご飯粒つけながらガッツク

旦那が昼飯食いにいったん戻り

作り続けてかなりの数になったおにぎり抱えてお客さんまわりしてくると言い出す

おー、しっかりやれ!

子供いるとこならこれも

ってお菓子も手渡し

何とも思わず送り出すオレ

小野とオレは会社に行ってみることにした

大場さんとかなちゃんに留守番を頼み出かける

あんだけの地震被害だったのに

会社は動いていた

あ、普段から

オレと小野は社長をNPOと呼んでいる

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

人がよすぎて笑ってしまうくらい逞しい社長だ

知り合いの土地と家が競売にかけられると聞き

自腹で入札し、張り切りすぎて高値をぶちこんでしまう

でもそれで格安で提供できれば、生活は変えなくてすむだろう

って

不動産部を立ち上げて、社長がオーナーのアパートに入居申し込みが入ったときも

うつ病の方で

たまに記憶が飛ぶことがあるけど大丈夫でしょうかという問い合わせに

火事だされたら困るよなーーーー!

と言いつつ

こっそりオール電化にしようとした社長

そんなNPOがトラックに乗り込むところだった

「子供さんたち大丈夫か?今から山形行っていろいろ調達してくるから!」

と颯爽と出かけていった

事務所のあるビルも社長がオーナーゆえ

職人やら近所の人たちが避難してきていた

社長宅はビルの3階にあり

4部屋分の壁をぶちぬいて住まいにしていた

犬を4匹飼っているためペットを飼っている近所の人たちに

餌や水を提供していた

社長婦人が一人で飯炊きをしていたので手伝う

「相撲部屋のおかみさんみたいよね(〃∀〃♪)」

おおらかすぎて眩しいわ!

発電機もガソリンが手に入らないからそろそろやばいらしい

社員は全員出勤していた

現場まわって補修作業したり

その近くで瓦が飛んだ家があれば応急処置を施したり

オレのいる会社はヒーローがいっぱいいる

暗くなりかけたところで撤収しようと外にでた

煙い

またどっか燃えてるのかもな

と小野のマンションに戻り一服するため窓を開ける

えーっと

あれは

何?

真っ黒な入道雲がうねうね動いている

おい

あれ

火災だよな

この距離であのでかさって

どこで何があったんだ!

能天気なかなちゃんが

「さっきラジオで

 コンビナートが燃えてるって言ってたよ

 火の手が大きすぎて消防も近づけないんだってー」

と教えてくれた

まさかな、と思い

マンションの外階段を最上階までのぼって確認する

真っ黒の爆煙の下に真っ赤な火の海が広がっていた

風向きから考えて

あきらかにこっちに向かってくるみたい

( ゚д゚)キャー

さて

見なかったことにしよう

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

バリバリいいながらヘリコプターが飛び交う

贅沢な独り言

「風呂入りてー」


















[PR]
# by kanon_suzu | 2011-04-29 11:01
地図の上から人は見えない 【1-1】



さて、どこからお話しましょうか

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ドン!と生きてた!

ありがとー!オレ!

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ


3月11日 午後2時すぎ

足元からビリッとくる

また地震か

と、無視する

会社の観葉植物が、わさわさする



けっこうでかいか?

って思った瞬間

ドーンッ!! ●┻┓⌒ Σ

パテが倒れてくる

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

初被害キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

ミツオと小野と社長婦人がキャーキャー言う

出口確保のため自動ドアを開放して外の様子をうかがう

あ、事務所は1階です

( ゚д゚)ハッ!

木にしがみついてるババァと目が合う

「たすけてーーーーーー!」

こっちに手を伸ばすババァ

なので身体を支えながら連れて戻ると

ババァのいた付近に

瓦が飛んでくる

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

あぶねーな!おい!

歩行すら許さない揺れの大きさ

道路が波打ってるし

建物が歪むし

相変わらず瓦が飛び交う

ババァが抱きついてくるので動けない

駐車してた車が前後に揺れ動くので

走り出すんじゃねーかと、何故か押さえる

そう

憧れの

テリーマンの気分(*-∀-)

あれだ

古いデパートの屋上なんかにある、100円入れて子供がまたがる乗り物

あんな状態でグイングイン

ババァを抱きながら車を押さえ揺れが落ち着くのを待つが

まったくもって終わる気配なし

こりゃー死人がでるな

建物観察して

安全な場所にババァを避難させて事務所に向かって声をかけた

「みんな大丈夫かしらーーーーー!」

「はーい!ダメでーす!」

陽気な社員たち

でもまー、無事だからいいか

と、ババァのところに戻り行き先を聞く

バスで家に帰るところだという

揺れがおさまったところで車で送る

何かあったら連絡してください

って名刺渡したが

まーあの揺れだ

またいつものように電話は繋がらないわな

ババァを気にしてよく見てなかったが

帰りは想像を絶する風景が視界に飛び込む

マンションの屋上にある高架水槽が

○┓ペコ

ってしてた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

礼儀正しいわね(〃∀〃♪)

そうなるとさらに古いマンションが気になる

そっちの方向に目をやった瞬間

(*´・д・)アァ-

ゆっくーーり

おじぎしたかと思ったら

そのまま

ド━(゚Д゚)━ ン !!!

高架水槽落ちてったよ?

後で聞いたら

ちょうど駐車場に落ちたらしく

車が二台つぶれてたんですって

人が乗ってなかっただけでもよかったな!!!

話戻って

会社に帰る途中見えてくるものは

古い家屋の屋根が半裸状態だったり

道路は車線に沿って亀裂が入ってるし

段差も半端ない

会社に戻ると陽気な仲間が散らばった書類をいそいそと拾ってた

なんかもう優先順位がわからなくなってるんだろうな

社長婦人が

「お子さん心配よね!大丈夫かしら!」

と言うので

そこではじめて自分の家族のことを思い出す

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

100%無事だろ

まして、時間帯からいうとまだ学校のはず

なおさら大丈夫( ゚Д゚)ノ ダー!

なのでキャッキャッ言いながら片付けに精を出す

「キャーこれいつの見積書!アハハ こんなところにあったー」

「地震のせいにしてPC蹴り飛ばせばよかったわー 買い替えのチャンス逃したわ チッ 」

「あービックリついでにお腹すいたー」

こんなどうしようもない人ばっかりだ

社長が帰ってきた



オレのいる会社は建築と不動産をやってるっぽい

まーオレを雇うくらいだから適当な会社だ

社長はおもむろにヘルメットを並べて

家族分持ってっていいぞー

って

何のバツゲームだよ!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ざっくりお断りして仕事の続きをしようとしたら

それぞれ家が心配だろうし、はい!解散!

って言われちゃった

( ̄д ̄)ウマッ

停電してるし仕方ないので、身支度してると

現調に行ってた中川さんが帰ってきた

どしゃぶりにでもあったの?

見事にずぶ濡れ

震えながら言う

「津波・・・飲まれて・・・逃げてきた」

パタッ〓■●


えーーーーーーーーー!!!!!!!!!

(゚Д゚≡゚Д゚)ナニナニ?

ほんとうならオレも同行して補助をするはずだった現調

多賀城市の現場だ

マンションの9階

中川さんいわく

地震で揺れて立っていられず

しゃがみこんだら

目の前の壁がめきめき音をたててクラックが入り

腰が抜けて、しばらーーーーーくその場にいたらしいが

まわりが騒がしくなって怖くなり

会社に戻ろうと車に乗って走ってたら、ありえない方向転換する車がいたりで

何事かと思ってたら

ガラガラいいながらたくさんの車や元が何なのか想像できないものが

大量の泥水と一緒になって近づいてきたらしい

テンパッた中川さん

どこに逃げていいかわからず

車ごと ザッパーン

ボロ車でよかったのか

暴れたらドアが開いたらしく

水の流れから解放されてたまたま避難してた業者の人に助けられて

会社までたどり着いたらしい

うん

津波ね

えーーーーーーーーーー!!!!!!!

多賀城で?

多賀城市は仙台市のお隣さんだが

オレしょっちゅう行くよ?

休みも買い物っていえば多賀城だよ?

そんだけ近いんだよ?

津波て

えーーーーーーーーーーーーー!!!!!

てか、不動産の方の客がこなかったらオレ多賀城行ってたよ

中川さんと一緒に死んでたかもなー

※ちなみに中川さんが津波に遭遇した現場がρ(・д・*)コレ(たぶんジャスコの屋上から撮影)






ヽ(゚Д゚ )ノ アッ

電話は繋がらないけど

ワンセグあるじゃん

数えるくらいしか見ないテレビをつけてみる

(つД`) ゴシゴシ

(つД゚) エ・・・

なんだこれーーーーーーーーー!!!

名取が黒い何かに覆われてく

そして

震度7の表示

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

宮城終わったか!!!

やっぱ帰った方がいいかもな



小野と帰ることにした

そこへ社長婦人が走ってきて

コンビニが買い溜めの人でごった返してて、これしか手に入らなかったけど

子供さんに食べさせてね!!

っておやつと弁当をたくさんくれた

社長たちはいいの?って聞くと

あ、うちは罰当たりな発電機あるし、オール電化だから(*ノェノ)キャー



納得!

小野の車に乗って家を目指す

信号が消えてるためあっちこっちで罵声と衝突音がすごかった

電信柱がキレイに○┓ペコってしてる

道端にどっからやってきたのか灯篭の頭だけが転がってる

大型電気店のガラスが全部割れて、天井が落ちてた

なのに愉快な車内では

明後日の地区の資源回収お休みかしらニヤ(・∀・)ニヤ

なんてお気楽な話題で盛り上がってたわ

最初に小野宅に寄る

うむ

震度7は嘘情報か?

と言いたくなるくらい

ほとんど変化なし

あああああああああああああ!!!!

リビングから聞こえる悲鳴

見に行く

(ノ∀ヽ)アライヤダ

テレビが倒れてヒビ入ってた

人生終わったかのような顔をする小野

被害の少なさに安心するが

マンション中、警報機が鳴り響いている

期待を大きく持ち、うちに向かう

玄関前

あったはずの外棚が

ない

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ドコ━━━━━(゚∀゚ 三 ゚∀゚)━━━━━???

まーいいさ

と鍵開ける

ガチャ







パタン

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

3秒が限界

家が家じゃネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

おい小野!

どういうことだよ!

車から心配そうに近づく小野

一緒にもう一度玄関オープン

(*´・д・)(・д・`*)

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

こりゃひでー

って

あんたがひでーよ!!

もう土足で( ・∀・)つドウゾ

って家の中に入る

どこ歩いても

ジャリジャリいいやがる

食器類

全滅

ガラス製品

全滅

てかもう

家壊滅キタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

前回の地震の時も

電話は通じなかったがメールはできたことを思い出し

メールする

選ばれた第一号は

「生きてる?」

返事はない

多摩すずめ!

チッ

気づくと小野がうちの食器類を片付けてる

どっから手をつけていいのやら

そのうち小野が

笑い出す

なんだよ!

「うちさ、被害テレビだけで家具もほとんど無事だったじゃん」

ウン((・_・ )

「あれさ

 あなたが全部組み立てて配置してくれたんだよねニヤ(・∀・)ニヤ」





( ;゚д゚)ァ....

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そうだ

離婚した小野さん

家具を一掃すると言い出したので

低めの家具を選ぶように言い

届いた連絡くるたびにオレが工具箱持って簡易大工をしてたんだ

宮城はそのうち地震くるから家具の向きとか気遣った記憶が蘇える

オレのおかげじゃねーか!!!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

人は気遣えるが自分を気遣えない結果がこれ

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

外を見ると子供たちが親に連れられて下校してるようだ

小野にうちのも一緒にとお迎えを頼み

被害の少ない小野家に行くよう指示を出す

そこで気づく

(゚ロ゚)ハッ!!

旦那

どうしたべ

携帯はとうとう充電切れ

とりあえず部屋を片付けながら待つ

5分後

飽きる

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

もうさー

わかんないだもん

何が何だったのかさえ不明な有様

諦めて

ベランダで

フゥー ( ゚Д゚)y-~~

この状況で雪が半端なく降ってきた

数分おきにでかい余震がくる

でも揺られながら雪をかぶりながら

フゥー ( ゚Д゚)y-~~

下の若夫婦が帰ってきた

うちの水槽が倒れはしなかったが、水ぶちまけてたので

下に被害あったら教えてヽ(`Д´)ノクレヨと言い

「大丈夫です!家の中すごい・・・そっちはどうですか?」

と気遣われたが

「ああー、普段からこんなもんだから(・ε・)キニシナイ!!」

って笑ってると旦那が帰ってきた

オカエリー ヽ(・∀・ヽ)

陽気に声をかける

家の中を呆然と見渡す旦那

「ところで・・・」

( ,,゚Д゚)ノハイ

「奥さん、いままでここで何をしてたの?」

えっと

片づけが飽きた・・・なので

ブレイクダウン読んで参考にしようと(・∀・;)



a0007466_9341655.jpg




「ほぅ・・片付けもしねーでそうきたか

 だったら

 ブレイクダウンじゃなく

 サバイバルだろ!!!」



a0007466_9343661.jpg




(゚ロ゚)ハッ!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そっか

地震はサバイバルか

うっかり

(*ノェノ)キャー

頼りになる旦那ゆえ

指示を待つ

「いまのうち食料買っとけ」





思い出した

会社から持ち帰ったのはパソコンのカバンのみ

女子用ミーティング室に荷物置くんだが

地震のせいで棚が倒れ封鎖されたんだ

よって貴重品は会社だ

一文なしです!

旦那が呆れ顔で財布を渡す

イテキマース!!!(((((((((っ´3`)っ

近くのスーパー

閉まってた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

仕方ねーなと国道に出てコンビニ目指す

仙台七夕でしか見たことないような人の波

前回の地震は今回ほどじゃなかったが、やっぱり交通手段は断たれていた

徒歩帰宅の人たちが震えながら歩いている

コンビニがやっていた

外には公衆電話待ちの行列

明かりの消えた店内は買い物客でいっぱいだった

でもまだ品物がいつもどおりある

地震は金曜日だった

大概の人たちは買い物は週末まとめてする

そのついでにガソリンを入れる

よって一番物に飢えている曜日だ

小野家の分もといろいろ買う

カゴすらないのでパンを運んでくるケースを持つ人もいる

あんな状態なのに店員さんはしっかり働いてくれた

店の奥から在庫を全部出してくれた

今時のおにーちゃんがおつりを渡しながら

「大変だけど、頑張りましょう」

と一人一人に声をかけてた

若い人たちは

「明日電気くるよねー」

と、パンとプリンとカップラーメンのみ手に持っている

それじゃ、死ぬぞ?と思いながら

津波の話をし、もしかしたら復旧のめどは当分たたないよ

と教える

それでもピンときてない様子

まー頑張れ

と店を出て遠回りして帰る

うちの近所は比較的被害が少ない

少し(´▽`) ホッとしながら家で片づけをする

緊急用の知識は本当にそんな状況が来るのか普段は平和ボケしているがゆえ

頭に残らないものだ

旦那が「電話機のアダプター抜いておけ」と言う

( ´д`)ホエ?

数分後

聞いたこともない音が電話機から鳴っている

ハンズフリーボタンを押す

「おーーーーーーーーーーい、どしてらばーーー」

停電中に電話機からとーちゃんの声

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

繋がるのね(・∀・;)

青森も停電中らしい

生存確認を終えたとーちゃん、安心したのか

「今がら、資材置き場行って発電機持ってくっからや!

 本家の庭さ繋いで村一つ分くらい明るくなるべ!じゃーな!」

って切れた

かっこえーーーー!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

後で地元の友達に聞いたら

「あんたのとーちゃんのおかげで、明かりを見てみんなホッとしたが

 祭りの提灯ぶらさげてたよ?」

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

他に照らすものあっただろうに!!

震災後しばらく石原軍団と呼ばれていたとーちゃんの会社

頑張ったな!ありがとー!



 ↓ 下の記事へ続く


[PR]
# by kanon_suzu | 2011-04-24 09:40
地図の上から人は見えない 【1-2】



床が見えてきたところで真っ暗になった我が家

うちはアウトドアというか釣りをよくするので

いろんなものがある

天井からLEDの懐中電灯をぶら下げ夕食を終える

さすが亭主

乾電池式の携帯充電器を出してきた

小野にメールする

「飯は?明かりはあるの?水は?」

返事なし

旦那が1m幅のクーラーボックス二つに

うちにあった水や食料、アウトドア用品なんかを詰め込み

小野家に向かう

運ぶものがいっぱいあったので車を動かし

携帯を充電しながら駐車場でしばらくテレビを見ていた

絶句したわ

これはいったい何なんだ

何が起こっているのか

これからどうなるか

想像さえも許さない映像

名取壊滅 荒浜壊滅 陸前高田壊滅 大船渡壊滅 相馬壊滅 七ヶ浜壊滅 

壊滅壊滅ってアナウンサーが繰り返し言ってる

そして気仙沼大炎上

区役所まで津波がきたっていう若林区は結婚前住んでたわ

まだあの場所にいたら家なかったわよ

とにかく考えてもはじまらない

今を生きることしかできない

小野のマンションの非常ベルは止んでいた

家の明かりがないだけで

町は怖いくらい暗い

小野家に入ると子供たちが騒々しかった

懐中電灯が一個しかなく

食べ物も電気ガス水がないとどうにもできないものしかないらしい

旦那がカセットコンロを取り出して

とりあえずお湯を沸かし、ラーメンを作る

電気も水もガスも全滅だということをはじめて知った

いつ使うんだ?と思ってたものが役に立つ

動きを感知して照らす置き型ライトをトイレ前と玄関に設置

家族の人数分以上あった懐中電灯をダイニングとリビングに二つずつぶら下げ

なんとなくでも快適になった

子供たちまで手がまわらないが

うちの長女が全員をめんどうみて寝かせてくれた

頼むぞ5年生!

むしろ6年生!

でもこいつが一番の恐怖だったろう

小野の長女とうちの次女は同級生だ

離婚前からだが

小野が仕事に出ているため

娘が学童に馴染めないというので次女と一緒にうちに帰宅させ面倒みていた

離婚後もそうやってうちで預かっていたが

なぜか小野の会社からオレに声がかかり一緒に働くことになった

この地震がきた時間

小野の娘とうちの次女は教室の中だった

いつもの訓練が役にたたないくらい揺れたろう

机の下に隠れようとしても机がジッとしててくれない

そして長女

体育の時間だった

校庭で地震に遭い

外のおぞましい景色を見ている

立ちくらみかと思うくらい視界が歪む中

小学校前にある家屋の屋根が接がれ

外壁が崩れ落ちた

津波の心配のない地域だと言われてるゆえ

校庭に集めて保護者引渡しの下校体制をとる

中にいた子は上靴のまま

外にいた子は体操服のまま

親を待つ間も雪は降り、寒かったはずだ

あの地震が後数十分遅かったら

子供たちはいつもどおりうちに帰ってきていた

そしてこのうちの中で地震に遭い

あの惨状の中、怪我をしていただろう

怖くなって外に出たかもしれない

そして探せなかったかもしれない

そう考えると学校にいた時間でよかったと思う

小野の下の子は幼稚園で徒歩帰宅組だった

幼稚園は2時降園だ

遠い子はバスで送られている時間だったろう

津波の被害に遭った地域の子供たち

バスごと流され

バスの上に先生が乗り

手を差し伸べて子供たちを救出したらしい

でも

手が届かなかった子

掴んだのに離してしまった子

遠くに投げ出された子

助けられなかった子たちが半分以上だ

先生が悪いんじゃない

でも彼女たちはずっと自分を責めるだろう

身体的にも精神的にも人に与えた傷が大きすぎる

何年か掛ければ土地は復旧して景色はいくらか元に戻る

人はそうはいかない

死ぬまで背負い続けるしかない


子供たちが寝た後、小野とうちの夫婦だけになった

あまり疲れてないのが不思議だった

一日を振り返ってみる

子供たちを送り出して

小野は9時出社

車で行く

オレは10時出社

チャリで行く

会社まで3kmほどだ

朝会社に行くと小野とオレの机には

手書きの見積書が山になって置かれている

それを雑談しながら打ち込んでいく

これがまー

難解な字を書く社員ばかりで

パッと見、ヘブライ文字だぞ

てか社長の字が一番わからネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

オレなんて建築用語がまずわからんからな

なので予想がたてられない

養生って字が

社長の下書きを見る限り

完璧なまでに「芝生」って書いてある

芝生 一式 5000円

よく考えるとありえネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

けど芝生以外読み取れネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

壁紙のクロスなんて「702」にしか見えネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

が、半年もするとほとんど読み取れるようになるから不思議だ

うちの事務職はみんなコナンだ

難解なのは字だけじゃないからな

社員の「あーなんだっけ、あの半年くらい前にやった改修工事の見積からPBの平米数入れといて」

そんな元請け名もわからない漠然としたヒントから探し当てる

小野は事務もこなすが基本は原状回復担当だ

賃貸物件の退去後に入る業者さんd(゚ё゚* )ネッ

そして宅建主任者の資格をもってるから

不動産部のメインでもある

オレの仕事は基本的に小野の補助だ

元々馴れ合いのある関係ゆえ

気を使わない

その日も小野の手元が忙しくなり

見積はこっちにまわせと全部処理をした

不動産部は繁忙期

会社自体決算期でやってもやっても仕事が増える

そこで契約の客が日にちを間違え来店した

津波に遭遇した中川さんと現地調査に行く予定だったが

契約には小野が不可欠だから

オレは他の客の相手をするために会社に残った

無事契約を終え管理会社の人がたまたま近くにいたため立ち寄った

ここらへんが午後2時

ひと段落して一服する

そういえば2,3日前地震あったよな

って話になった

3月9日に三陸沖震度5の地震があった

うちは震度4だ

小野が外回りをしてて

中川さんが小野の机

オレの隣だが

に座って書類を作成してた

同じようにドンッと一発目の揺れがあって

しだいに大きく揺れだした

社長婦人に

「押さえておく場所あります?」

と聞く

「まー適当に。大丈夫だと思うけど(・-・*)」

のんきさんだ

そんな中

中川さん

黙々と打ち込んでいる

「中川さん、地震だよ?」

「あーーーーーーーー今、それどころじゃないんですーーーーー!」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

オレと変わらない年齢なのに

客に

「あのメガネかけた中年の担当者」

と称される中川さん

とりあえず ガン( ゚д゚)ガレ

揺れただけで終わった地震

11日午後2時半

9日の地震を話題にし

宮城はでかいのがくるって言われ続けてきたし

ちょうどニュージーランドの地震の被害も毎日のように伝えられてたのもあって

何かしら準備しておかなきゃねー

ねー

(*´・д・)(・д・`*)ネー

って言ってた数分後だった

平和が消えた瞬間


旦那はどうだったか聞くと

仕事に追われて、やっと一息ついた時間だったらしく

昼飯も食いに行ってる場合じゃないってんで

会社にあったカップラーメンに

お湯を注ぎ

できあがるまで携帯のメールチェックをしてたその時

ド━(゚Д゚)━ ン !!!

衝撃で持ってた携帯

カップにIN

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そのままラーメンもどっか行き

何せビルの9階だ

同じ階の各事務所に声をかけ

ドアを開放しつつ

棚とコピー機を守ったようだ

ショックな被害

パソコンが

スケルトンになったよ?

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

枠が全部外れたみたい

ど━━━(゚ロ゚;)━━んま━━━(゚ロ゚;)━━い

まーいいよ

生きててよかったよ

近所の人たちは地震後一斉に小学校へ避難した

避難場所に指定されてるからな

マンションの下を通る家族が

小野の部屋を指差して

「あ!あそこ電気きてんじゃん!」

と騒ぐ

旦那のおかげで、そう勘違いするくらい部屋は明るかった

電池で携帯を充電するが受信や入電を繰り返すと

常に充電切れ状態

鳴る

名前を見る

「す」

充電心許ねーのに電話してくんじゃネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

多摩すず大爆笑

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

今回ばかりは心配だったらしい

地震後の数日間

そんな面々からぞくぞく連絡がくる

館長に楽さんに後いろいろ

あ、はしょっちゃった

(*ノノ)キャ



マルオ

「でっかい屁こくんじゃねーよ!こっちまで揺れたじゃねーか」

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

悪かったわね!!

おかげで快調だ!コノヤロー!



まだまだホッとしていられない初日

小野の妹と両親と連絡が取れない

小野の実家は今をトキメク相馬だ

妹は地元から電車で仙台の会社に通勤している

結婚して旦那の親と同居する妹

これがまた

ビックリするくらい何もできないお姫様で

嫌味も悪意もないので周りが自然と手を差し伸べたくなるような子だ

オレも何度か会っているが

1こ下?嘘だべおい!ってくらい幼い

そんな妹だ

何せ妹の帰宅手段である電車は

常磐線

こんなことになっている

子供同様、地震の時間がずれていたらと思うと恐ろしい

そして唯一の情報源のラジオからは

原子力緊急事態宣言が発表される

相馬の親も心配だ

なんせこの日あの時間

小野父は仙台に向かってたはずだから

小野一族はau

まったく使えない

今回の震災直後、softbankは比較的繋がりやすかった

オレと旦那の携帯から妹と親に5分おきに電話をかけまくる

深夜2時

明日からまた大変だろうから休もう

と言って、最後にもう一回

と小野母の携帯にかけてみる

でた

繋がった

無事を確認し

auがさっぱりなので、何かあったらオレに連絡入れるよう登録させる

ホッとして行動の詳細を聞く

孫を土日相馬で過ごさせるために迎えに来るはずだった

孫を甘やかすのが好きな小野父

うちの次女と同級生な孫娘が塾の曜日は

一人で留守番ができないんじゃないかとわざわざ来る

塾がない日はまっすぐうちに帰宅してオレと小野が帰ってくるまでうちにいる

が、うちの次女なんかはクールなもんで

けっこう一人で何でもできる

だから小野としては自分の娘もそうなってほしいと塾の日くらい

どうせ1時間半程度だ

一人で留守番して慣れてほしいと言い聞かせる

なのに小野父は来てしまう

孫はわがまま放題でもかわいいんだろう

そして

子供たちが何かやらかすとオレに丸投げし

「ほら!かかに叱られるよ!」

って

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

小野の子供たちにとって一番の恐怖はオレと旦那らしい

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そんな小野父は夕方にうちに寄って孫を引き取る予定だったらしい

買い物も含め、昼過ぎに家を出て6号線を走っているときに地震に遭った

孫が泣いてるんじゃないかと、いったん走り出したが

自宅にいる小野母とばーちゃんが気になり

引き返した

大正解だった


a0007466_936186.jpg



津波被害で通行止めのレベルじゃネェ━━━━(゚A゚;)━━━━ !!!!!

道がなくなった

小野父⊂(・∀・)つセーフ!!

そしてうちの夫婦が一緒にいると聞いて

「あらー!また世話なっちゃって!でも安心ね!」

と、何の根拠か勝手に安心しやがったらしく(つA`)オヤスミー



ロビンが言ってた

「地図の上から人は見えない。」

今回の地震被害を数日後にテレビで散々目にすることになるが

土地の欠落は人の犠牲が含まれる

そう考えるだけで胸が痛い

生きてるだけでありがたい

明日からの不安はさほどないが

苦痛に歪む人たちのことを思うと

寝付けなかった








[PR]
# by kanon_suzu | 2011-04-24 09:38
相方は無事です!!!!
各地の皆様大丈夫でしょうか?

とりあえず報告

仙台の相方は無事です!!!!!!!

昨日の地震以降

久々にメールメッセでかのんの生存確認を

聞かれましたが

4時10分

相方より




「生きてる?」




ってメールキタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!


すずより貴様ダーと思いつつ

お互いの無事を確認

それでも電話を掛け捲り

夜 つながったと思ったら


開口一番



停電して充電できないから

電話してくんじゃねーよ!!!!!!!




と 怒られ(*/∇\*)キャ


無事を確認いたしました○┓ペコ


細かい報告は

また後ほど

とりあえず

仙台 東京の 人妻は無事です○┓ペコ


すず
[PR]
# by kanon_suzu | 2011-03-12 19:28
手がぁぁぁぁぁぁぁ
主婦なのに?

( ゚д゚)ハッ!

主婦だったっけ?

多分

主婦(-ェ-o)ボソッ

まぁ

とりあえず主婦というカテゴリに所属させていただいてるが

あまり戦闘力はない

ぶっちゃけ

ここまで子供が育ったら

炊飯器にご飯さえあればなんとかなる

あははははははははははははははははは

あははははははははははははははははは

どうしょもねーーーーな!!!!!!


でもまぁー

かーちゃんという存在は子供たちには必要だろう

って程度で

亭主の不要家族

( ゚д゚)ハッ!

扶養家族に属しているんだが

まぁーーーーーーーー

主婦だってのに

私のお手て

まったく使い物にならない状態です


手のひらの80%が


ずる剥け


(((( ;゚Д゚)))kyaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa


ってぐらい荒れよう


皮膚科に行ってみた

診断

主婦湿疹

それなん( ゚Д゚)ノ ダー!

って具合に薬をもらい塗ってみた

一向に直らない

一日の90%を綿の手袋はめて外気にさらさない生活に嫌気をさし

今度は

体の中から( ゚Д゚)ノ ダー!と思い

漢方専門の皮膚科にいってみたら


( ゚д゚)ンマッ!


原因



ストレス!!!!!!!


(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ


ストレス?


ストレスって何?


脈も弱いらしい

お疲れですね^^って言われたが

本人


(・_・ ))(( ・_・)んーん


まったく

と答えてみたが

自覚症状がない人多いのよねーって言われた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

それは

ある意味

鈍感ってことかね?




手のことはどうでもよくないが

どうでもいい


最近 PCの前には座ってるんだが

めっきりかのんとメッセをしなくなった

朝の挨拶程度になった今



話してないわけじゃないよ?



どうでもいい?

会話のほとんどが

通話料無料というsoftbankの策略に

まんまと引っかかった私たちは

買い物の帰りの暇な時間に

(ノ´ロ)ノ<おくさん暇かしらーー

と電話をし

気がつけば

亭主帰ってキタワー*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

あははははははははははははははははは

あははははははははははははははははは

かるーーーく

2時間以上のおしゃべり

(*ノェノ)キャー

ちなみに

何度も言うが

やつに出会い

早8年目

会ったことがない

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

なのに

救援物資が届く

( ゚д゚)ンマッ!不思議

今じゃ

年に一度

かのんの亭主の実家から米が届く

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ダンボールに米だけかとおもいきや

さつまいもデタ━━━━゚(∀)゚━━━━!!!!!!

(TдT) アリガトウ

本当

(TдT) アリガトウ

メッセから電話という

ちょっとリアルに近づきつつある私たちだが

実際

やつの本当の意味での生存確認は

いつの日かしら?

[PR]
# by kanon_suzu | 2009-11-03 18:49