地図の上から人は見えない 【3月12日】


夜中けたたましいあの音が何度かなり

怖かった






って、朝小野に聞かされた

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

地震速報のアラーム

気づかないでΣ(゚д゚;)ネチャッタ!!

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

昨日のあれは

嘘かなー ほんとかなー

外を見る

サイレン鳴りまくり

( ´ー`)フゥー

現実らしい

身体が痛い

筋肉痛だ

近所の老人たちを避難所に誘導したりしてたんだが

めんどくさくなり、おぶって走り回ってたからな

(゚∀゚ )アハハ

この辺の地区は街に近いがまだまだ古い家屋と老所帯が多く

子供たちのイベントと統括して管理している

あ、また今年も地区長です○┓ペコ

どっこいしょって言いながらキッチンに行く

気づくと旦那が米を炊いてた

小野家の冷蔵庫物色し

大量のおにぎりと浅漬けをこさえてた

貴様すげーな!

と、すぐいただく

昨日の雪が嘘か?ってくらい天気がよかった

子供たちはもう平和そのもので

取った取られたのつまらない喧嘩をしている

4人並べてしこたま怒鳴った

遊びに行かせたいところだが、まだ余震がある

旦那の指示で

電池、カセットボンベ、水、食料なんかを

小野と一緒に買出しに行く

やはりどの店も閉まっている

ホームセンターの前に10人くらい列を作ってた

行ってみる?と車を停め並んでた人に聞いてみた

「なんか開けてくれるみたいですよ」

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

(|||ノ`ロ´)ノ オオオォォォォォォー!!

すげータイミングで来たな

よし並ぼう

30分ほど経つと10数人くらいだったのが

敷地の外まで人が溢れてた

品物が店の外に次々出され

待ってる間、ふと目に付いた自動販売機

「災害時に管理者権限で飲料を無料提供します」

と、頭にソーラーパネルのせていた

まったく解放された気配なし

災害時

昨日の地震は該当しねーってか!!

役にたたねーなおい!!

やっと開店の合図がきた

5人ずつ制限して買い物をさせてくれる

3番目に入場できた

店の中は昨日の地震でスプリンクラーが壊れ

奥は天井が落ちかけているらしい

手前にある商品で水被害の少ないものだけを提供してくれたようだ

自分たちの家も大変だろうに

店を開け、作業してくれる店員たち

ほんと(TдT) アリガトウ

値段が書いてない高級電池やアウトドアグッズ

必要なものだけカゴに入れると小野が奪おうとする

「金は気にするな」

って、何だよその男前っぷり!

「あんたん家がいなかったら、子供たちにご飯食べさせることも

暖をとることも、親と連絡とることもできなかったのよ。

だから買い物はこっちで払う」

いいヤツだ

素直に従う

カゴ二つ分品物を入れ会計する

停電しているから電卓で計算する店員さん

「12860円です」

へ?

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

すげーなおい!

小野

「あ、札入れ入ったカバン家に置いてきた(・∀・;)」

デタ━━━━゚(∀)゚━━━━!!!!!!

最強うっかり忘れ物王!

旦那の財布から支払う

車に戻る

数百人ほど並んでる様子で

視線が突き刺さる

でも偉いよ

昨日のコンビニでもそうだったが

この状況で

ちゃんと並ぶんだぞ?

日本人ってすげーよ

暴徒化しねーんだな

マンションに戻って

旦那が家の片付けに向かい

小野が妹探しに行くと言い出した

妹の会社は街中だ

子供たちとオレは留守番兼、飯炊き

全員には配れないが

子供の友達や知り合いにオニギリを配給し続けた

2時間後、今一番必要でないであろうタバコをしこたま抱えて帰ってきた

何それ?

って聞く

コンビニのおっちゃんが車にいっぱい食料なんかを詰め込んでたのを捉まえ

店開けてくれないかと尋ねたら

昨日でほとんど品物はなくなってタバコくらいしか残ってないよ

と言われたらしい

万々歳です!

ってぐちゃぐちゃの店内からつぶれたタバコたちを提供してもらったようだ

何よりうれしいお土産だった

妹さんのことを聞くと

会社はビルの12階らしいんだが

帰れない人たちが各フロアに詰め込まれてて

その中を割って入って

妹の名前を呼び続けたらしい

でも見つからなかった

小野にコーヒーを淹れ

オレの携帯でかけてみる

5,6回かけ続けたあたりで

「はい?」

デタ━━━━゚(∀)゚━━━━!!!!!!

「かなちゃん?かのんだけど」

「あーーーーーーーかのんさーーーん、ごぶさたしてます(・∀・)キャハ」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

能天気すぎるだろー!

すぐ小野に携帯渡す

怒号が(・∀・;)

「すぐこっち来い!歩いて来い!建物ちゃんと見て安全確認しながら歩け!

 わかったかーーーーーーーーーーーーー!( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!」

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

ねーちゃんあんだけ心配したのに、てんで無事だった妹のかなちゃん

1時間くらいしてかなちゃん到着

聞くと

地震の瞬間、机の下に潜ったが

棚が倒れてきて塞がったらしい

たまたま一人だったゆえ見つけてもらえず

一晩机の下で震えてたと

ビルの管理会社の人が朝各フロアをまわり

助け出されたらしい

とりあえず外に出てお腹空いたが店は閉まってるし

途方に暮れてたら見知らぬおばちゃんが

「大丈夫?これ食べなさい」

ってパンくれたんだって

「おかーさん心配してるから、頑張っておうちに帰りなさいね」

って

かなちゃん

30歳過ぎてるよ?

何その扱い

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

そんな目に遭ったかなちゃんの震災後の感想

「あーこわかった」

以上です○┓ペコ

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

小野絶句

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

まーいいさ

無事で何よりだよ!

談笑していると、小野の友達が来た

「あーーーーーーーーーーなんで

 ごはんなんてあるのーーーーーー!お腹すいたーーーー!

 あ、こんにちは○┓ペコ」

飯の後に視界に入ったであろうオレに挨拶をしてくれた大場さん

社保事務所に勤める漁船管理のプロだ

津波被害でほぼ全滅だろうと舟と漁師の心配をする大場さん

なぜか髪の毛にご飯粒つけながらガッツク

旦那が昼飯食いにいったん戻り

作り続けてかなりの数になったおにぎり抱えてお客さんまわりしてくると言い出す

おー、しっかりやれ!

子供いるとこならこれも

ってお菓子も手渡し

何とも思わず送り出すオレ

小野とオレは会社に行ってみることにした

大場さんとかなちゃんに留守番を頼み出かける

あんだけの地震被害だったのに

会社は動いていた

あ、普段から

オレと小野は社長をNPOと呼んでいる

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

人がよすぎて笑ってしまうくらい逞しい社長だ

知り合いの土地と家が競売にかけられると聞き

自腹で入札し、張り切りすぎて高値をぶちこんでしまう

でもそれで格安で提供できれば、生活は変えなくてすむだろう

って

不動産部を立ち上げて、社長がオーナーのアパートに入居申し込みが入ったときも

うつ病の方で

たまに記憶が飛ぶことがあるけど大丈夫でしょうかという問い合わせに

火事だされたら困るよなーーーー!

と言いつつ

こっそりオール電化にしようとした社長

そんなNPOがトラックに乗り込むところだった

「子供さんたち大丈夫か?今から山形行っていろいろ調達してくるから!」

と颯爽と出かけていった

事務所のあるビルも社長がオーナーゆえ

職人やら近所の人たちが避難してきていた

社長宅はビルの3階にあり

4部屋分の壁をぶちぬいて住まいにしていた

犬を4匹飼っているためペットを飼っている近所の人たちに

餌や水を提供していた

社長婦人が一人で飯炊きをしていたので手伝う

「相撲部屋のおかみさんみたいよね(〃∀〃♪)」

おおらかすぎて眩しいわ!

発電機もガソリンが手に入らないからそろそろやばいらしい

社員は全員出勤していた

現場まわって補修作業したり

その近くで瓦が飛んだ家があれば応急処置を施したり

オレのいる会社はヒーローがいっぱいいる

暗くなりかけたところで撤収しようと外にでた

煙い

またどっか燃えてるのかもな

と小野のマンションに戻り一服するため窓を開ける

えーっと

あれは

何?

真っ黒な入道雲がうねうね動いている

おい

あれ

火災だよな

この距離であのでかさって

どこで何があったんだ!

能天気なかなちゃんが

「さっきラジオで

 コンビナートが燃えてるって言ってたよ

 火の手が大きすぎて消防も近づけないんだってー」

と教えてくれた

まさかな、と思い

マンションの外階段を最上階までのぼって確認する

真っ黒の爆煙の下に真っ赤な火の海が広がっていた

風向きから考えて

あきらかにこっちに向かってくるみたい

( ゚д゚)キャー

さて

見なかったことにしよう

あははははははははははははははははは
あははははははははははははははははは

バリバリいいながらヘリコプターが飛び交う

贅沢な独り言

「風呂入りてー」


















[PR]
by kanon_suzu | 2011-04-29 11:01